川岸
(ガッシュ)

いろいろ雑事があって、画材を背にチャリで多摩川まで来たのは
もう陽が傾いた4時近くだった。
いつの間にか日はうんと短くなっている。

はじめて海外の地を踏んだのは、ロシアのナホトカで
宿泊したのは次の地、ウラジオストクだった。
その街にはアムール川が、街外れを悠々と流れていた。
初めて見る大河で、向こう岸は琵琶湖の対岸よりもずっと遠かった。
川とはいえ、その船着き場からは中国など、海外へ行ける船も出ていた。
その乗船客たちは、一見して違う民族のように見えた。
何もかもが初めて目にする経験で、今となっては夢のようだ。

目の前の多摩川は、大きくてもプレジャーボートくらいしか係留も航行もできない。
しかしこの川のどこかから、
せめて韓国行きの船でも出ていたらどんなに想像力をかき立てられただろう、
などと考えてみる。
このあたりから出ている現在多摩川の唯一の渡し船は
向こう岸のゴルフ場への客を運ぶためのボートだ。
しかし渡し船に乗ってゴルフコースへ向かうというのも、
それはそれで贅沢な話かもしれない。
こちら東京側は台風の影響がまだかなり残っているが、
川崎側のゴルフ場は大丈夫だったのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
雲(ガッシュ)

選挙の時には「丁寧に説明する」と言っていたし、
同じ党の議員も「首相がそう言っているから(まあまあ)」と言っていた。
選挙後、説明の機会すら持つ前に鑑札を出すというのは
早々の公約違反というか、公約破棄じゃないのか。
身内高官から告発が出て、勢いに乗ったマスコミなどが
「文部省職員の肩は勇気を持って告発を」と言ったのはついこないだの話だ。
それに促されて声をあげた人の勇気は無に帰した。
ヤンキー先生は元のヤンキーの顔に戻り、さっそく粛清するのだろう。
これからはみんな口をかたく閉じ、促されて声を上げることはもうないだろう。
関連記事
天空橋
(色鉛筆)

この日は久しぶりに色鉛筆を持って出かけた。
呑川と東京湾に注ぐ河口付近で二股に分かれる運河みたいなこの川は海老取川。
いかにも海老や魚の釣れそうな名前の川だ。
でも描いている間、周囲の釣り人の竿はとんと揺れることはなかったようだ。
国際空港が近いせいか、監視船のプレジャーボートが何度も通過した。
見送る船の上には、薄紫に色づき始めた雲が筋を引いて浮いている。

川にかかっているのは「天空橋」。
SFアニメに出てくるようなファンタジックな名前の橋だけれど、
外見は赤錆色の鉄骨むき出しでなんとも重々しい。
岸辺に立つと視界を大きく横切る橋は色といい元鉄道橋のように見えるけれど、
最初から人道橋だったらしい。
人と自転車だけが渡る橋にしては頑丈すぎる鉄橋だ。
橋の縁に橋を渡る人の頭だけが見えて、小さく移動していくさまはアリンコのようだ。
橋の上には羽田空港から飛び立つ旅客機が空を横切り、
その下、川の間には小さく大鳥居が見える。
ここへ移築されるまで、数々のオカルト的な逸話を残したが
今ではここで静かな余生を送っている。
釣り人以外は周囲を散歩する人も少ない。
関連記事
雨あがり(ガッシュ)

問題多い大統領は国賓として来日、裏口から入ってきた。
基地という裏口は日本にありながら米国だ。
日本というのは、ああも手を揉まないとならないものか。
その対応をTVでは、どちらかといえば「おてがら」と伝えているような様子だ。
「そんなに強く揉んだらそのうち火がつくで」、などとは言わない。
TVから大事なことは何も伝わらず、ゴルフの球の行方やステーキの食レポ、
美人の娘さんの散歩の一挙手といった、どうでもいいことをネタにしていた。
その直前に来日したフィリピン大統領をもてなしたメニュー、
まずほとんどの人は知らないだろう。
米ドンの食べたメニュー、娘さんブランドの商品は
あちこちで売り切れや品薄になっているという人気ぶりだ。
ついこないだまでの「あきれた」といった人物像は、日本で蒸発してしまっている。
最後はまた、北の国へ兵糧攻めの後押しを日本は何度もお願いしていた。
戦争も辞さない人物に、かけるべき少しマシな言葉はあっただろうに。
それ以前に日本のドンガバチョはせめて問題の北のガバチョと、
長い任期に一度くらいは話し合いらしいことをやった方がいいんじゃないか。
関連記事
多摩川監視所(ガッシュ)

多摩川の水位を監視するこの空中の小屋からだったら、
天気によらず快適に風景が描けそうだ。
穏やかな秋晴れの水辺風景を見ながら川沿いの遊歩道に立っていると
川が暴れた時の表情は思いもつかない。
先週まで繰り返しやってきた季節外れの台風の痕跡がいやでも目につく。
おびただしい草木やごみの漂着物が河川敷のあらゆるところに絡みつき、
金属製の手すりがぐにゃりと曲がっている。
すぐ近くの堰を大幅に超えた水位は、この歩道をも飲み込んで流れたようだ。
散歩やランニングをする付近の住民や釣り人を含め、普段の姿を取り戻した川沿いの風景は
この世に心配事などまるでないような佇まいだ。

いつの間にか日は短くなり、夕方4時を過ぎると、早くも夕闇の気配がある。
手早く描いて画材をザックにしまう頃には、風は秋の終わりの冷たさだ。
関連記事
NYのリス
(NY、弟の部屋の窓にやってきたリス)

ひと月ほど前、秋に入ったというのでラジオでキノコについてしゃべっていた。
秋の味覚はスーパーで買うより山へ出かけて、
自分の手で摘み取ったものを食べた方がうまいに決まっている。
ところが一つ間違うと毒にあたる。
しばしば命に関わるから、食いしんぼにとっては旬の味も命がけだ。

最近NHKのタモリの番組で黒部ダムを特集していて懐かしかった。
ダムから3時間ほど歩いたところに、主に渓流釣り客を泊める山小屋がある。
私は以前、後立山を縦走したときに針ノ木から下って、その平の小屋へ泊まった。
その夜、泊まり客がまだ若い3代目のオヤジを囲んでいろいろな話を聞いた。
オヤジさんの話はたいへんに面白く、しかも尽きることがなかった。
その翌朝、食卓に出されたキノコの醤油煮がびっくりするほどおいしかった。
初めて見るそのキノコを黒部では「キツネの茶袋」と言い、
ウズラよりもまだずっと小さな卵形をしていた。
淡白で、しかも山の日陰の香りがする珍味だった。
オヤジさんは、「キノコの毒は品種ごとに決まっているものではない」と言う。
毒がないと言われているキノコも、別の斜面では毒を持つことがある。
地元の人に聞かないと安全ではないのだと。
以来、山で山菜は採ってもキノコは採ったことがない。

星野道夫さんのエッセイに、キノコにまつわる面白い話がある。
結婚して奥さんがまだアラスカの家に来たばかりの頃、
家の庭にレタスやイチゴを育て始めた。
イチゴがそろそろ食べごろになり、明日は摘もうと思ったその朝、事件は起こった。
イチゴは先に誰かに摘み取られてしまったのである。
摘み取られた近くには、どういうわけかキノコが一本転がっていた。
奥さんはがっかりして次のイチゴの収穫を待った。
ところがそのイチゴもまた待っていたかのように、収穫しようとした日に摘み取られていた。
そして後には「そのかわりに」といった感じでキノコが一本置いてあったのである。
そういうことが何回か繰り返された後、
奥さんはついにその犯人がイチゴをくわえて走り去るのを目撃する。
それは家の近くに住むリスだった。
キノコを抱えて走ってきたリスはここで、おいしそうに熟したイチゴを発見する。
どちらにしようか迷った末、
手にしたキノコを置いてイチゴを持っていったようだ。
星野さんはそれがおかしくてならない。
関連記事

WHAT'S NEW?