先週末突然1000近いアクセスが集中したのは
日曜美術館で長谷川利行が取り上げられたからだろう。
以前からGoogleで「長谷川利行」を検索すると、
私が5年前に書いた記事がトップに出てくるようになっていた。
よほど利行に関する記事が少ないのだろう。

番組で長谷川利行が取り上げられたのは1978年以来40年ぶりで
その時の放送を私は見ていない。
78年の放送時には、利行その人を隣で見ていた親友の矢野文夫がゲスト出演している。
私が見てみたかったのはその時の映像だった。
生前の利行については矢野文夫の本が質量とも第一だけれど、
一時共同生活もした手塚一夫と中込忠三氏との交流も興味深く、
以前私もここに紹介したことがある。
中込氏の著書から利行らとの共同生活について触れられたところを、再度紹介したい。
二人は矢野文夫が書いた利行の伝記小説にも登場する。

長谷川利行_東京放浪地図

それほど長くもなかった利行の生涯において晩年にあたる時期に多作を強い、
結果的に数々の傑作とともに利行の名を残す黒子になった画商、
天城俊彦の画廊が新宿にあったことはよく知られている。
画廊が新宿武蔵野館のあたりだとすると、利行がカンヅメにされたドヤ街は目と鼻の先、
今のタイムズスクエア(今聞いてもニセ物っぽい名前)あたりになる。
時代の先端を行くようなタイムズの前に、
つい最近までその名残をとどめる和風旅館があり、営業もしていた。
甲州街道をもう少し下ったところには今も古い旅館街がある。
伊丹十三監督の映画「マルサの女」には、
新宿南口に残っていたその闇市時代のような界隈がチラと出てくる。
坂の上にあった横町を下るU字型の奇妙な階段を、松本竣介が描いている。
私は歌舞伎町に映画を見に行くとき、そこのチケットフナキに寄るのが常だった。

利行がここのドヤ街に住んだのは最晩年にあたるわずか2年ほどのこと。
中込氏の著書によると、手塚一夫は女の横顔を描いた4号大の作品をとても大事にしていて
それは彼が上京した折に泊まった新宿の木賃宿で知り合った画家が描いた作品なのだという。
その放浪画家というのが長谷川利行である。
未払いになっていた絵の代金、残り半分を届けるため、
二人はポンポン蒸気に乗って新宿へ向かった。
残金を渡した後、中込氏と手塚は利行に
当時彼らが住んでいた船堀の家に一緒に住まないかと持ちかける。
その折に見た、木賃宿に置かれた利行所有の品々の描写が興味深い。

新宿南口界隈1992
('92年頃の新宿南口界隈)

「こういうところに住まないと絵が描けないからここに暮らしている。
 親切らしく呼びに来たって行かないぞ!」と一度は拒否したものの、
翌朝には絵箱を手に持って、「さあ行こう」と立ち上がるのだった。
暮れに出会って共同生活を始め、春に(利行が)出て行ったとあるので
共同生活は3ヶ月ほどか。
その間、利行の馴染みらしい年増の裸婦モデルを手塚と二人で描いたり、
川で洗濯したり、というような牧歌的な生活が続いたものの、
最後は利行の酒びたりの生活に嫌気がさした手塚が利行を閉め出したため、
三人の共同生活は終止符を打つ。
ふたりの画家に残された時間は余りに少なかったが、
中込氏はその時、そのことを知る由もない。
にもかかわらず、当時目にした二人の画家とその周辺の描写は驚くほど詳細だ。
登場する人物、あたりの空気感が生き生きとしている。

 「老画家はやがて市の養育院板橋本院で一人その生涯を閉じたと聞く。
 彼の短歌もまた美しい。

 汚れたる 枕の紗綾をとりかえつ
 夜床さびしくひとりねむれる

 死の枕辺にはニイチェの「夜の歌」が置いてあったということである。」
というところで、中込氏の著書「炎の絵」の利行に触れた章は終わっている。

貧しい農家の出だった手塚一夫が描いた一枚の絵を見たことをきっかけに、
彼が亡くなる28歳まで生活一切の面倒を見た中込氏は、
自身の晩年に至るまでそのことについてほとんど語らなかったそうだ。
氏の人となりをうかがえる挿話として、若い日の小学校教師時代のことがある。
成績優秀で人柄も良かったある生徒を級長に推薦したところ、
中国人だということで校長から拒否にあった。
怒った中込氏は、ついに教職を辞職し、以後小学校教諭に戻ることはなかった。
その後さまざまな職につき、のちに中央大学のドイツ語教授として定年まで勤めた。
この人の一生は二人の画家以上に波乱万丈だ。

中込氏の残した文章を多く読むことができたのは、
実は私がここで書いた氏の著書「炎の絵」についてのBlog記事を読まれたご子息が
文献と手塚一夫関連書籍一式を、以前送ってくださったからである。
ここで再度感謝を申し上げます。
スポンサーサイト
日曜美術館タイトル

最後は駆け足になる。
香月泰男については何度もとりあげられている。
なかでも澤地久枝さん語る香月泰男(1983年No352)と、
1989年(No688)は野見山さんが語っている回を見てみたい。
野見山さんの香月泰男に関するエッセイは、
シベリアから帰還した画家の孤独を描いて秀逸だった。

宇佐見英治と野見山暁治が語るユトリロ(1984年No438)、
死に神博士こと天本英世語るサルバドール・ダリというのも面白そうだ(1981年No267)。
ダリについては楳図かずおも語っている(1989年No672)。
日本人はダリにホラーの香りを感じているらしい。

「黒潮の画譜 田中一村」(1984年No447)は
再放送も含め何度も見ていて、最近NHKアーカイブでも放送された。
番組が無名の画家を掘り起こしたことでは先に丸木スマがあるが(1981年No278)、
技術芸術的にもこれほどの画家がこれまでまったく知られていなかったことが
たいへんな話題になった最初の記念碑的な回だった。
一村の画を初めてこの番組で見たときの衝撃を忘れない。
日本人の目で初めて南国の自然を見たような気がした。
それまでなじんできた日本の四季をしのぐ、熱帯の花鳥風月の美しさの発見。

こういうことは通常滅多にないことであるけれど、
その後も高島野十郎など(1993年No913)何度か起こっていることが
ほかの民放番組の追随を許さないものにしている。
ただ、図録には他にも番組が発掘した画家として出ている、
小泉清(1988年)や藤牧義夫(1986年)は番組以前に
洲之内徹の気まぐれ美術館に何度も紹介されてはいる。
藤牧義夫については連載の最後でもあるからどちらが先かはちょっと微妙だ。
このあたり、とうとうわからなかった。
そして画商、作家ながら洲之内徹もまた、番組にとりあげられている。
洲之内コレクションについて語っているのは、意外にも池田満寿夫だ(1994年No922)。

自作の箱車で生活しながら放浪した佐藤渓(1994年No942)、
天野祐吉さんが語る谷内六郎(2001年No1290)、
そして以前に金言が詰まった「随想」をここでも紹介した小泉淳作(2002年No1348)、
辺見庸が語る鴨居玲(2002年No1331)は音声だけでも聞きたい。

マグリットを語る藤子不二雄Aは面白そうだ(2002年No1362)。
私がマグリットを初めて知ったのが藤子作品「魔太郎が来る」で、
その中でマグリットの作品を子供にもたいへん魅力的に紹介されていた。
これはなかなかできないことであるように思う。
その作者は漫画執筆から30年近くを経てどんなふうに語っていたのだろう。

あと、野見山さんがエッセイスト賞を受賞した「四百字のデッサン」の中で
とりわけ面白い話が坂本繁二郎画伯についての「巨匠の贈り物」というエッセイだ。
それがやはり面白かったせいだろうか、
その野見山さんが坂本繁二郎について語る(2006年No1550)というものあった。

手元にある資料は2006年までだけれど、その後自分が再度筆を持ったこともあり、
以後の番組で気になったものはほとんど見ている。
資料末尾に、これも敬愛する作家、
舟越桂さんが語るジャコメッティ(2006年No1553)というのもあって
この回もぜひ見てみたい番組だ。

最後は駆け込み詰め込みで長くなってしまったけれど、もうひとつだけ、
番組スタジオ奥に毎回置かれているフラワーアレンジがいつも素晴らしい。
2010年以前はわからないが、以後現在に至るアレンジは
フラワーアーティストの加藤淳さんが担当されている。
美しいだけでなく、とりあげられる作家の雰囲気にとても合っていると思う。
私が覚えている限りでもっとも印象に残っているのが2014年の関根正二の回。
ありがたいことに過去の作品をネットで見ることができる。
もちろん写真よりも、TVの大きな画面で見たほうがすばらしい。

後半の量の多さはつまり、「よく見ている」つもりが、
自分がいかに見逃している時が多いかを証明している。
だから偉そうなことは言えないけれど、
お笑いとバラエティー番組ばかりの現代のTVでこういう番組は貴重だ。
これからもずっと続くとおじさんの日曜は休日は楽しい。

nichibi_07
No178「私と今西中通」出演野見山暁治(1979年)。
野見山暁治さんはくりかえし今西中通について書いていて、
そのエピソードがとても印象に残っている。
ちなみに野見山さんはその後何度もこの番組に出演していて、
多いときには一月に二度出演しているときさえある。
ひょっとしたら最多出演ゲストかもしれない。

No180「私とカルダー」出演堀内正和(1979年)。
敬愛する彫刻家堀内正和はその後放映されたアトリエ訪問が、
私が田中一村発見の回と同様、もっとも面白かった番組だ。
堀内氏が、これも私の好きなカルダーをどのように語っていたのか、期待が膨らむ。

No189「私と辻まこと」出演串田孫一(1980年)。
お互い登山家で雑誌アルプの同人、
串田孫一も詩人、作家であると同時に線描の画家でもあった。
おそらく山を舞台にした交流に、どんなエピソードが聞けたのだろう。

そしてNo305「アトリエ訪問 堀内正和」(1982年)、
私が番組を見始めたのはこの1982年頃だったと思う。
恩師の竹中保先生は堀内正和の抽象彫刻とその制作プロセスに
造形の基礎のすべてがあり、番組を見ることを強く勧められた。
実際番組はたいへん面白かった。
立体の数学的な組み合わせの妙が、有機的な風景を作り出す造形の不思議さ。
写真は東京都美術館外側に設置されている「三本の直方体 B」。
三本の直方体 B

鼎型に組んだ三本の直方体を真ん中水平面で切断し、
面に沿ってねじるように60°回転させるとこのような不思議な立体になる。
簡単な形がほんの少し視点を変えることによって、見たことのない形があらわれる。
堀内正和の立体作品には、何もかも確立された現代に、
手の中でまだこんな新たな形の発見が可能だという新鮮な驚きがあった。
この堀内正和の回は再放送があり、それを録画して何度も見て東京へも持ってきた。
録画はしたものの、その頃の部屋にあったTVが白黒だったため、
カラーで録ったものをモノクロで再生するという残念なビデオだった。
(当時でも白黒TVはかなり時代遅れで、むしろ珍しかったはず)
それほど大事にしていたビデオだったにもかかわらず、
上京後最初に暮らしたアパートの湿気がものすごく、
押し入れに掛けてあった見慣れない真白のジャケットを「おや?」と思って見たら、
全部カビだった。
カビはしまってあったビデオテープにまでおよび、
気がついたときには再生不能となって泣く泣く処分したのだった。
以来、映像は見ていない。

アトリエ訪問と言えばその前年に、石牟礼道子が浜田知明を訪問、というのがあり
これも見てみたい。
初回は「私と碌山 荻原守衛」(1976年)。
以下私が見ていなくて、一度ぜひみたい番組を古い順に選んでみる。
まずは昭和51年(1976年)、この頃私はまだ中学生で、番組の存在も知らなかった頃。
No20「私と関根正二」出演今東光。
これは何度かここに書いたもので、不変の再放送希望第1位だ。
一昨年だったか、関根正二をとりあげた回の時に、その一部が再録されていた。
今東光(日曜美術館)


No60「私とジャコメッティ」出演矢内原伊作(1977年)。
みすず書房から出版されている多くのジャコメッティ本の著者で
晩年くり返しジャコメッティのモデルとして座り続けた人の生の言葉を聞きたい。
ジャコメッティについてはその後1999年、(No1189)矢内原氏の没後に
加藤周一氏語る「ジャコメッティとヤナイハラ」があり、番組の長さを感じる。

No80「私と松本竣介」出演舟越保武(1977年)。
彫刻家の素晴らしい随筆の中で、幼い頃からの親友を偲んだ文章は
いつまでも忘れがたい。
その筆の主の声を聞いてみたい。
nichibi_08


No137「私と長谷川利行」出演矢野文夫(1978年)。
言わずもがなの利行ともっとも身近で行動を共にした矢野文夫、
その人の語る言葉はぜひ聞きたい。
意外なことに、日美40年の中で利行をとりあげたのはこの回一度だけのようだ。

続く翌週のNo138「私とマルケ」出演林謙一(1978年)。
私の最も好きな画家のマルケについても、とりあげられたのはこの一度である。
NHKドラマおはなはんの作者の林謙一は、日曜画家として著書も書いていて、
そういう牧歌的な視点からマルケについて語っていたのではないか。

No164「私と高間筆子」出演草野心平(1979年)。
関根正二、村山塊多とともに大正の三星(オリオンズ)と呼ばれる高間筆子は
二十三歳で関根正二と同じく当時大流行したスペイン風邪、
つまりインフルエンザで亡くなった。
絵筆を握ったのはわずか二年である。
夭折しただけでなく、僅かに残された作品が震災(関東大震災)によって
遺品を含む一切が失われている。
唯一、作品を掲載した詩画集の印刷物でのみ作品を知ることができる。
大正期に出版されたにもかかわらず、多くがカラー印刷されているのが救いだ。
2009年頃まで、夭折の画家の作品を多く収集する信濃デッサン館主、
窪島誠一郎氏が高間筆子に惚れ込んで東京渋谷区の明大前にあるビルの最上階に
高間筆子美術館を私費で開設していた。
もちろん収蔵作品はなく、「絵のない美術館」として
わずかに残った写真と資料のみを展示する一風変わった美術館、
というより記念館だった。
まだ小さかったセガレの手を引いて私は一度、ここを訪れたことがある。
一部屋だけの美術館を訪れる人は週末でさえめったになかったようで、
美術館のスタッフを兼ねた(地下にあった)劇場関係者にドアを開けて入れてもらった。
そこで詩画集の復刻版を見せてもらったが、立派な造本だった。
野見山暁治さんの「アトリエ日記」を読んでいたら、
窪島氏が運営する無言館(戦没画学生の遺作のみを展示する唯一の美術館)に
莫大な税金を請求されて途方に暮れているという記述が出てくる。
その後ビルごと売却されたと聞いた。
同時に美術館も閉鎖されたのもその頃であり、
ひょっとして無言館と信濃デッサン館の運営のための措置だろうか。
(ビルに併設された多目的ホールなど他の施設は現在も営業しているようで、
 売却されたわけではないのかもしれない。
 ただ、そのホールも今年限りで閉業とBlogに窪島氏からのメッセージが出ている。)
これは窪島誠一郎さんがその自費復刻版と
伝記(「高間筆子幻影」)を出すずっと以前の番組であり、
語るのは大正から昭和にかけて、芸術家や作家と広い交流のあった草野心平。
一度見てみたい。

以下続く
nitibi_01

先月4月10日で、日曜美術館は40年を迎えたそうだ。
私が過去もっとも数多く通った美術館が、NHKの「日曜美術館」とも言える。
二十歳頃に大阪野田で働いていた頃、この番組を見るために
テレビが置いてあったコインランドリーに嬉々として洗濯に出かけた。
上の画像はその頃の懐かしすぎるオープニングタイトルで、
木訥な手書き明朝文字がいかにも教育放送っぽい。
下のは最近リニューアルされたタイトルのひとつ前のデザインで、
クオリティの高いCGは隔世の感があるが、それでもやはりNHKっぽいのが面白い。
地デジ移行とともに液晶の大画面TVが普及した結果、
タイトル文字や、番組のコメントの字幕が、それに合わせて小さくなった。
画面上に氾濫するうるさい文字がやっとすっきりするのかと思いきや
最近はまた大きくなっている。
タイトルは昨年まで4種類くらいの異なるデザインの映像を、週替わりで流していた。
この4つの映像の中ではモノトーンに近い、写真右上の砂のような素材の映像が好きだった。
2006年に30周年を迎えた時にはずいぶん盛り上がったようで、特別企画展があり、
私自身は当時筆を折っていた時期で行かなかったものの、手元にその時の図録がある。
巻末資料に過去の番組放送記録があって、
再放送含む過去すべての番組のリストが掲載されている。
どこにも出かけないGWに、それを見て振り返ってみよう。

nitibi_02

WHAT'S NEW?