神田川と山手線高架(ガッシュ)

万世橋から西側を見ると、昌平橋とその奥をまたぐ総武線高架橋が重なって
かつてのレトロで都会的な景観が望める。
秋葉原にほど近く、人通りは多い。
左に見えるレンガのアーチ部分にはかつて万世橋駅があった場所で、
そこには10年ほど前までは交通博物館があって、セガレたちを連れてきたことがある。
子どもたちに人気だった博物館は気軽には行けないような遠い場所に移転された。
跡地は主に観光客向けの飲食店になっている。
ここからの風景はやはり人目を引くようで、とくに奥のビル群が薄紫に煙る夕暮れ時、
立ち止まってカメラに納める人が万世橋上に並んでいる。
夕暮れまでの時間が迫っていることもあり、私も同じ風景を描くことにした。

私はいまだに東京の土地勘に乏しく、場所のつながりがよくわからないでいる。
川に沿って左奥はすぐお茶の水になる。
そこもまたかつての都会的な景観として有名だった聖橋を中心とした風景が広がっている。
アーチ橋といくつかの鉄道が交差する写真や画、版画でもよく見るあの構図だ。
奥のビル群の手前にはよく見ると、
今も木造の三階家がびっしり張り付いて建っているのもおもしろい。
「三階」と書いたけれど、このあたり、崖状になっているので道路側から見ると二階家だ。
昔からの稼業らしい、ビリヤード屋や甲冑店などがある。
歩いていて思い出したのだけれど、
友人の奥さんのアトリエが確かこの並びにあったはずだ。
作品が巨大化していまはここで制作はしていないだろうと思う。
都会にあって流れがあるかなきかのこの川は、
関西育ちの私に道頓堀川を思い出させる。
スポンサーサイト
北品川船溜まり
(ガッシュ)

ここ1年ほどは船をよく描く。
ここ北品川にも屋形船という、
飲み助を集めて乗せる宴会専門の船が幾艘ももやってある。
ここから東京湾へ繰り出して、夜景をバックに水上で酒を飲むという、
いわば移動居酒屋だ。
私もずいぶん前に一度、当時のお客さんやわれわれ業者とともに一夜遊んだことがある。
船上で出された肴の大皿は、白身の魚やレンコンなど、
色味のない白っぽいネタばかりの天ぷらといなり寿司、それにビールなどの酒だった。
私は外の景色を見たかったのだけれど、窓の障子はだいたい閉められている。
夜景を見ながらしみじみ飲まれては宴会にならないわけだ。
中年のネクタイ族はまず例外なくどんちゃん騒ぎが好きだった。
お客さんの前で複数の外注業者はそれぞれ持ちネタの芸を披露する。
ばかばかしい型通りの接待にいささかうんざりしたものだけれど
私のただ一つの持ちネタの手品(それもひとつ)は、いつも意外に受ける。

ところで船というのは海原を自由に航海するイメージがあるけれど
実際はそのコース、航路は安全上きっちり決められていて、
その上を正確にトレースしているにすぎない。
決して自由に動いているわけではないのだと、いつか作家の北方謙三氏が話していた。
北方氏の父はたしか外国航路の船長だったと思う。
海面に何の目印もレールもないのに、そのコースを星や今ではGPSなどによって
人間自ら見えないレールを描いて移動しているのが、不思議と言えば不思議だ。
動物はといえば、においによって自らの道をやはり決めている。
こちらも見えないレールを描いている訳である。
生き物というのはあらかじめ存在するそれぞれ見えない道の上を歩いていて
一生というのはそこから大きくは外れないで送るようだ。

「自由」というのは意外に難しいことなのかもしれない。
「行動」には目的があったり、時間が決まっていたり、
そのために選ぶコースが自然と決まっていたりする。
人はその限りある人生で、限りない自由を感じる瞬間は何度くらいあるだろうか。
たくさんあればそれだけ幸福だと言えると思うけれど、
私の場合、今までにはっきりと感じた瞬間は二度ほどある。
北海道稚内から九州に向かって歩き始めたとき、
それと初めて海外に旅したときに、旧ソ連から西側のギリシアへ抜けたときだった。
西日のあたる家

うちから見える景色もまた、ありきたりだ。
権之助坂裏通り(ガッシュ)

目黒区はJR駅に続く坂道を描こうと思って出かけた。
この日は東京の秋祭りで、ここに来る途中いくつもの神輿に出くわした。
この権之助坂下にも神輿の囃子が響いていた。
そこを少し登り、二つの坂道が合流するところを見下ろす歩道橋があったと思ったが
いつの間にか撤去されていた。
他にも無くなっているところはないかと目黒シネマをのぞいてみたら
ここは今も営業していてホッとする。
かつて斜め前にあったAVメーカーのバイオニア本社はマンションに建て替わっている。
表通りをわきに折れると、ここが崖のような傾斜地に広がった街だと気づく。
落ちていくような急な坂道から中目黒方向の眺望が現れる。
坂道の風景好きはタモリがTVで言い始めてからあっという間にマニア的に広まった。
描く側からも坂道というのは下からも上からも描いて面白い。
上から見ると、近景の向こうに意外な風景の広がりを見せていることがあって
そういう場所に出くわすと「おっ」と思う。
画面手前の無粋な店舗がまだ無かった時代には富士山まで見通せる、
いわゆる「富士見坂」だったのだろう。
細いうえにかなり急な坂道なのに、登ってくる人、下ってゆく人、
一方通行を下る車の往来が引きもきらない。
描き始めて気が付いて、ずいぶんじゃまになったようで申し訳ない。
ちなみにお城のホテルも元気に営業中だった。
石川台呑川
(ペン、インク)

週末は半分仕事に、残りの時間に近所の石川台でペン描きした。
ちょっと新鮮な気分でと思って、23区を順に描いてみようか、などと考えてみた。
(しかし、どうも続きそうにない。)
名所巡りになってはつまらないので、行き当たりばったりでスケッチブックを拡げる。
最初は時間もないので、地元大田区にする。
大田区はドラマや映画のロケ地に使われることが多いのは以前書いた通りで、
それはかつて蒲田の撮影所が近かったせいもある。
最近区では「大田区ロケ地探訪」というパンフレットを作った。
それによるとここ東急池上線石川台駅は、
小津安二郎監督の「秋刀魚の味」のロケに使われたそうだ。
30代の頃にビデオで見たものの、
長男役の佐田啓二がゴルフクラブを妻の岡田茉莉子にねだるシーン以外は
すっかり忘れていて、他の小津作品の記憶とごちゃ混ぜになっている。
行き遅れた娘をひんぱんに嫁に出す監督であった。

同じアングルの高架下から駅ホームの床を見上げてみたが、
「当時の面影を色濃く残している」ホームも、床の裏ではよくわからない。
ロケ地そのものはやめにして300mほど移動し、吞川から高架を見る場所を選んだ。
この川下では何度か描いている。
橋の上は夕方になると川の上を風が吹き抜け、さらに涼しくなってきた。
持ってきた上着を羽織ろうとしたそのとき、あっという間もなく
ペンのキャップが軸から外れて川に落ちた。

WHAT'S NEW?