FC2ブログ
kimuraihei_01

どういうタイミングで企画されたか、
日本橋の三越で「木村伊兵衛写真展 パリ残像」が開かれている。
木村伊兵衛が残した「パリ」に関する写真を
現代にプリントし直しての展示だ。

写真集「パリ」については以前、ここで詳しく書いたので触れないとして、
初版刊行後44年を経てなお、
朝日新聞社から再編集されてリニューアル復刊、さらにポケット版と、
それらに掲載されなかった別カットで構成し直された「パリ残像」、
没後パリのみで合計4冊出版されているのは、この写真家のこのテーマが、
いかに人気があるかということの証だろう。
最後の「パリ残像」収録の写真を中心に、オリジナルの「パリ」のものと、
合わせて130展点展示されている。

kimuraihei_03

土曜日、写真家で木村伊兵衛の弟子にあたる
田沼武能さんが会場で講演をされるというのでこの日に出かけた。
田沼さんの写真は雑誌「東京人」などでもよく見ていて、
作品はよく拝見していたものの、ご本人を見るのは初めてだった。
木村伊兵衛の愛弟子さんだけあって、
撮影の裏話や、当時の生活をたいへん楽しく聞かせてくださった。
少し再録しておこうと思う。

まだ戦後間もない頃のこと、外国へ行くこと自体、たいへん難しかった。
働いても給料も出なかったのだから、外国へ行くなど夢の夢だったという。
田沼氏が給料が出なくて困っていることを木村に言うと
「ばかやろう」と怒られた。
「仕事をしながら写真の勉強をさせてもらっているのだから、
 金を払ってもいいくらいだ」
とのいい草だったが、その通りだったと田沼さんは当時を振り返る。
会社は何か事件が起こるとカメラは貸してくれる。
でもフイルムが入っていなかった、ともいう。
田沼さんは木村伊兵衛といた会社のほかに、もう一社在籍していた。
給料はそちらでもらい、こちらでは無給で働いていたという。
それを会社も「そうしたほうがいい」と勧めていたというからおかしい。

当時木村は、通信社に海外から送られてきた写真を見る機会を得た。
その中に、カルチェ・ブレッソンが撮影した、あのマチスの写真があった。
たいへんな衝撃を受けて、なんとかブレッソンに会いたいと思う様になったのが
海外へ行きたいと思うようになった端緒だという。
あるとき、マグナムのカメラマン、ウエルナー・ビショフ氏が来日することになり
日本での案内役を木村自身が買って出た。
英語が話せない木村は、
アメリカ人と結婚したあとに別れて出戻ってきていた娘さんを通訳に
東京の下町をはじめ、8ヶ月ものあいだ日本を丹念に案内するとともに、
自身の暗室をも提供した。
その実、海外の写真家の仕事ぶりを見ることができ、
後々、同じ写真家として得がたい経験になったという話はよくわかる。
ビショフ氏にはぜひ海外へ来て、ブレッソンにも会うように勧められ、
その世話を引き受けることを約束した。
ビショフ氏は同じマグナムのキャパにそのことを話し、
キャパも来日時、木村に訪仏を強く勧める。
ところが直後、キャパはインドシナで亡くなり、
ビショフ氏も取材先で交通事故に遭って亡くなる。
そのまましばらくその話は立ち消えになっていたが、
ふたたび渡欧の話が持ち上がると、友人たちからの募金をはじめ、
アサヒカメラの支援、
当時勤めていた会社以外の、たとえば日本光学(ニコン)に臨時の社員として
「視察」目的の出張扱いという異例の支援と、
まったく「日本らしくない」、社会の垣根を越えた支援を受けて渡欧するのである。

木村はパリで念願のブレッソンに会い、
パリの下町の案内人としてロベール・ドアノーを紹介された。
このドアノーの紹介が、撮影の成功を決定づけたと、田沼さんは力を込めて言う。
また、写真集「パリ」よりも先に出版された外遊写真集にも掲載されている、
女優やファッションモデルを撮った写真がある。
ファッション写真も撮ったドアノーの撮影に立ち会った折、
隣で撮影させてもらったのだそうで、彼らの懐の深さを感じざるを得ない。

写真集の後半で、パリ郊外を車で走って撮影した写真がある。
とてもいい風景なのだけれど、限られた撮影旅行でどうしてこんな所に行ったのか、
不思議だったのだけれど、これはブレッソンのブロアの別荘に招待された折、
通りかかった車の中から撮影した景色なのだそうだ。
(このあたりは写真集の撮影日記にも書いてある)

私は木村伊兵衛のパリの写真は、本国フランスの人にとってこそ、
より大きな驚きを感じるのではないだろうかと思っていた。
田沼さんによると、数年前にフランスから、
木村が撮ったパリを本国の写真展で紹介したいと、依頼がきたという。
やはりフランスでも、この時代のパリを撮った「カラー写真」は
いいものはほとんどないそうで、開催後は大きな話題になったそうだ。

kimuraihei_04kikuraihei_08



木村伊兵衛は女性を撮っても、街やそこに住む人を撮っても、
すべてその生活が感じられる一瞬を撮ったのだという。
さらに、どんなカットでも一つのシーンで
シャッターは3回、多くても5回ほどしか切らなかったという。
もちろん撮り直しなどは絶対にせず、その一瞬に勝負していた。
「本当に天才だった」と語る田沼さんの表情に、師に対する愛情の深さがにじむ。
面白いのは、あれほどカメラ機器、とくにライカを愛したのに、
雑誌で「ライカ使いの職人」と書かれると、すぐさまカメラ屋へ持っていって、
当時使っていたライカを売り飛ばしてしまったそうだ。
「写真はカメラのおかげ」ではないぞ、ということだろうか。
「あれ(売飛ばしたライカ)を買っときゃよかった」と、田沼さんは笑う。

講演後、会場を巡って写真を指しながら、いつまでも語り続ける田沼さん。
氏を囲む聴衆もまた、みんな本当に楽しそうで、とてもいい講演会だった。

kikuraihei_07
(個人的には、この競馬場で悔しさにじませる、ご婦人の写真が好きだ)

kikuraihei_06
(伊兵衛氏はこんな力関係がにじむ男女をよく撮っている)

展覧会は11月5日まで。
スポンサーサイト
柚木沙弥郎展

週末、柚木沙弥郎展に出かけた。
会場の日本民芸館に出かけたのも初めてだ。
こんなに近くにあったのなら、もっと早くに行けばよかった。
先週日曜美術館に紹介されたこともあってか、
それほど大きくもない会場は人が押し寄せて、さらに狭くなっていた。
午後遅めに出かけたので、第二会場の西館の観覧はそうそうに諦め、
本会場の本館をゆっくり見ることにした。
柚木作品は、生活のどこかに張り付いていそうな、
既視感のあるシンプルなフォルムと色使いが魅力だ。
会場の民芸館は、日本だけでなく海外の民芸品も陳列されている。
会場正面に天井近くから垂らされた大きな染色作品は、
先週の日曜美術館でも紹介されていたものだ。
宅急便送り状の裏(カーボン部分)など、ほかの誰が目を留めただろう。
こんなにモダンな作品に昇華されている。
会場二階に、アフリカのバウレ族の仮面と並んで、染色された一枚の布が下がっている。
ハービー・ハンコックのレコードジャケットで有名なマスクだ。
どちらも負けていない。
シンプルとシンプルとの対比で相性がいいということもあるけれど、
国も民族も超えて調和しているのには感動する。

その作品、造型が本物かどうか、
基準の一つとして、たとえばこんな土着美術と並べてみるといいかもしれない。
ピカソのキュビズム作品への啓示を与えたアフリカのマスク。
それと一緒に並べてみて一歩も引かない強い造型とは、
(相性というものもあるけれども)やはり強いに違いない。
またいつだったか、神田の額縁屋さんの主人に、こんな話を聞いた。
「仕上がったキャンバスを金の額縁に入れてみて
 それに負けない作品ができていれば完成だ」と。
立派な額縁に入れてそれに負けているようでは、作品としてはまだまだだよと
そういうことを言われたのだと思う。
どちらの話にも相通じるものがある。

府中市美術館へ「長谷川利行展」を見に出かけた。
18年振りの回顧展なのに、今のところまだ空いていてゆっくり見られる。
思いうかぶ利行のいい作品はほとんど見ることができ、
近年発見されたものも公開されている。
日曜美術館でも1978年以来40年振りに取り上げられたのも昨年なので、
会期が短いせいもあって、大きな宣伝はなかったようだ。
ともあれ、これは長谷川利行の最高の展覧会だった。

長谷川利行展
(「ぶらり、いこう」ここの美術館の宣伝コピーは駄洒落が多い。
 ※写真右のような、無料でしゃれたお土産がある。)


2000年の展覧会を見ていないのでその間、
作品集や図録を見るだけだった。
目になじみのある作品の実物が目の前にズラリ並んだ様は壮観。
「大和家かほる」や「安来節の女」「Y子の像」の並ぶ壁の隣に、
「酒祭り・花島喜世子」と地味だけれど好きな「四人裸婦」がかかっていて、
長く待っていた身には目がくらむような展示だ。
「大和家かほる」と「安来節の女」は思っていたよりも大きく、
大作「赤い機関車庫」と「夏の遊園地」には圧倒された。
(「夏の遊園地」は40年振りの公開)

赤い機関車庫
(「機関車庫」1928年)

夏の遊園地
(「夏の遊園地」1928年)

どちらも利行にしては例外的に大きな作品ながら、
緩んだところが広い画面のどこにもない。
やっぱりすごい。
私が最も好きな利行作品、「少女」と「荒川風景」も出ている。
想像していた通りの大きさ、いい作品だった。
「少女」は収蔵先の群馬県立美術館のWebサイトにアップされている画像が
全体に青っぽかったのを、印刷時の色かぶりだとばかり思っていた。
今回実物を見て、本当に青っぽい作品だったのだとわかった。

晩年の白い風景画は、実はこれまでちょっと苦手で、
画集でもさっさとページをめくっていた。
今回作品の実物を見て、このはかなげな作品の美しさを見直した。
今回の図録を見ても写真ではやっぱりいまひとつで、
これら白い風景画は実物を見ないとその良さはわからなかった。
キャンバスの地色のままとも思える白地に少量の絵の具で描かれた
線画にも見える画は、毛筆に通じる線の画家、利行の世界がはじけている。

ネット上には長谷川利行について、いろいろな記事が出ているけれど、
最も充実した内容をアップされているのが「今日も日暮里富士見坂」。
ここを読めば、利行に関してはまずなんでも記載されている感じだ。
これまでの伝として、利行は終焉の地である板橋の養育院で息を引き取った後、
最後まで持っていた作品を含むすべての持ち物を焼却処分されて、
一切が無に帰したと伝えられてきた。
ところが上記のサイトによると、その焼却されたと思われてきた作品が、
驚くことに実は現存することが、最近わかったとある。
スクラップ帳に貼り付けられたような作品らしいけれど、
今回の展覧会には出品されていなかった。
私はこの作品帖を、以前見ているかもしれない。
7年ほど前、東京駅地下街にある古書店を覗いたときのこと、
ガラスケースの中に恭しく展示された、
少し大きめの単語帳の束のようなのが陳列されていた。
開いた一番上の絵しか見えなかったけれど、
キャラメル箱くらいの大きさしかないそれらの画は少ない色数で描かれた、
西洋のイコンのような画だった。
「長谷川利行作」とあって、確か950万円の値がつけられていたと思う。
同時期にネットの「日本の古本屋」にもそれとおぼしきものが、
やはり同じ値段で出ていたから、記憶している人もいるかもしれない。
それがその作品だったかどうかはわからないけれど、そんなことがあった。
値段に腰が引けて見せてもらうことも、話を聞くこともしなかったのが
今となっては惜しいことをした。

本展覧会は利行が好きな人には必見なのはまちがいない。
難を言えば、一つは素描の展示作品が少ないこと。
もう一つは図録の色とレイアウト。
最近の傾向として本棚に収まりのいいB5サイズはやや小さめだ。
ハードカバーの造本は立派で、表紙デザインやしっとりした紙の質感もいい。
ところが、中の作品の写真の色が実物とかなり違っている。
全体にコントラストが強めで鮮やかすぎたり、
逆に赤が茶、ブルーがグレーになって、彩度がかなり落ちていたりする。
実物を見ている人が色のチェックをしていないように思う。
そして、作品の写真が小さいこと。
比率を厳密に合わせる必要はないと思うけれど、
利行最大の作品「機関車庫」がガラス絵の作品より小さかったりする。
印刷技術はずっと向上しているはずだけれど、
今一冊だけ持つならば2000年の図録のほうを選ぶかも。
ただ、ハードカバーながら値段が2300円と安いのでつい買ってしまった。

長谷川利行展図録

美術館まではちょっと遠いけれど、なんとかもう一度出かけたい。
長谷川利行展 Webサイト
会期
2018年5月19日(土曜日)から7月8日(日曜日)まで
前期と後期で作品の入れ替えがある。
月曜休館
観覧料 一般900円でこれも安い。
ルドン展と平岡瞳展

GW初日、中途半端な時間ができたので、
午後やや遅めから展覧会へ出かけた。
ルドンー秘密の花園ー展は思ったよりずっとよかった。
ルドンは風景画と色彩を得てからの後半生の作品が好きなのだけれど、
今回、その両方の良い作品が来ていた。
ルドンはリトグラフや木炭によるモノクロームの怪奇な世界を描いていた頃から、
油彩による風景画の小品を生涯にわたって描き続けた。
作品はまったくのプライベート作品で、画家の引き出しや棚の中にしまい込まれて
売られることなく手元に残された。
それについては以前ここに書いたことがある。
練習がわりに描かれたこれらの風景画は後半生のパステルによる花の連作につながる、
やはりルドン以外の何ものでもないタッチだ。
そして花器に生けられた不思議な花。
花を描いて一目でその名前が浮かぶ画家は、長い美術史上でも多くはいない。
ほかに私はファンタン・ラ・トゥールの、やはり花器に入れた花の画が好きだけれど
ルドンは花の画を描くにあたり、ラ・トゥールにアドバイスをもらったということだ。

ところでルドンの展覧会を企画すると、ここ三菱一号館美術館は館所蔵の花の絵、
「グランブーケ」をいつも別格扱いで展示する。
「花の絵の名手、ルドンが描いた花の画で最大の作品を買った」というから
わからないでもないけれど(高かったのだろうと思う)
私にはサイズが大きいというだけでどうにも大味に見えて仕方がない。
ずっと小さい作品でももっと良い作品があるのにと思う。
会場出口付近にお土産ショップがあって、
ここに売られていた花の絵のポスターもグランブーケのみ、
というからチカラコブが入っている。

そこには図録を含む本なんかもあったけれど、ある文庫本の表紙絵に目がとまった。
装画が地味ながらすごくよかったので奥付を見たら、
これは昨年個展にも行った、平岡瞳さんという作家の絵だった。
「いい仕事してるなぁ」
そう思いながら会場を後にしてコーヒーを飲みに行き、
時間つぶしにさきほどの平岡瞳さんを検索したら、今個展を開いているとのこと。
それも会場がすぐ近くなのは何という偶然だろう。
カフェを出て、さっそく個展会場の銀座伊東屋へ向かった。

「平岡瞳版画展ー旅のメモ」というタイトルの小さな版画作品が数十点、展示されていた。
余談で、リニューアルされた伊東屋へはじめては入ったのだけれど、
ずいぶんイメージが変わった。
洗練されたスペースデザインが都会的なモダンさと機能を併せ持っている。
以前は最上階にあった喫茶室も、一階にスタンドカフェとしてオープン。
一階の企画スペースでは、今年発売60周年を迎えた
マルマンのスケッチブックフェアをやっていた。
ここのスケッチブック、私にはちょっと紙が薄くて使っていないけれど
ロングセラー商品というのは大事にしたいものだ。

そこから裏へ回って、
別館地下一階で開催されていた平岡瞳さんの個展、すごくよかった。
版画といっても作品のスタイルにはいくつかあって、
カラーの作品も素晴らしいが、万年筆のブルーブラックのインクを思わせる
青のシリーズが私は好きだ。
一見青の単色刷に見える作品は、
ほんの少し色味や明るさを変えて刷られた多色刷りだ(3〜4色ほどかと思われるが)。
それによって表現された深い青がとても魅力だ。
墨の単色風景木版画にもいいのがあって、実際欲しくてたまらなかった。

ルドンは今月20日まで、平岡瞳版画展は19日まで。
どちらもおすすめ(会場も近いし)。
今東光資料館_2016

ここに何度か書いている作家今東光が
流行作家になるきっかけとなった、いわゆる河内ものを書いたゆかりの地、
八尾に「今東光資料館」ができていることを、最近初めて知った。
同様に、藤本義一氏が住んでいた別荘を改築して記念館とした
藤本義一の書斎」が芦屋にできている。
そのお二人の記念館が共催での企画展が開催されている。
私もここで藤本義一さんご本人から直接の聞き書きを掲載していたけれど、
超個性的なふたりの作家のつきあいは長く、深い。
こういう企画展があってしかるべきなのに、初の企画だそうだ。
八尾というゆかりの地でさえ、今東光をとりあげた企画展は約30年ぶりになる。
その30年前(昭和62年)の企画展に私はたまたま出かけている。
奇縁というか、実はこのBlogがきっかけで今回のこの企画展にほんの少し、
私は協力させていただいている。
滅多にない機会なので、近隣にお住まいの方で興味のある方はぜひ足をお運びください。


今東光資料室

開館時間 午前10時から午後5時

休館日
・月曜日(ただし祝日にあたる場合は開館)
・年末年始(平成28年12月29日から平成29年1月4日)
・その他(展示物の入替等に伴い休館する場合あり)

所在地
・581-0003 八尾市本町二丁目2番8号(八尾図書館3階)

※会期が長いので、上位にアップし直しておきます。

WHAT'S NEW?