ジュリアン・フレンチイーゼル 長男の肖像-2(油彩、F6)


画材のメーカーにはあまりこだわらない方のつもりだけれど
イーゼルだけはこのフランス製の野外用を使っている。
キャンバスサイズもせいぜいまだ10号どまりなので
この野外用で十分事足りている。
そのイーゼルで今年最後になりそうなF6の肖像を長男をモデルに描いた。
このイーゼルはフランスでは定番中の定番商品で
パリ、モンマルトルの丘にいる大勢の画家も皆これを使っているそうだ。
それは私の経験的知識ではなく、
描きはじめた頃から読んでいたある画家の方のブログで知ったものだ。
ぱんどる画伯の独り事」というブログは
現在でこそ絵画以外のテーマでお書きになることが多いが
過去数年にわたり、絵画制作のあらゆるテーマに渡って書きつづられている。
もちろん、描かれる油彩画も見事で、
思わず一枚部屋に掛けたくなってくる作品群もアップされている。
加えて画材などの実用的な知識が惜しげもなく詰め込まれた有用サイトでもある。
しかし真骨頂は画家の日常である。
ブログでは氏はほとんど丸裸である。
裏表のないパンドルさんによる、
他に類のない痛快ブログを少し紹介したい。

関連記事
スポンサーサイト

Tag:おすすめブログ 画材 イーゼル

WHAT'S NEW?