長谷川利行の利行碑が上野不忍池弁天堂の前にあることは何度も書いたけれど
なぜここに碑があるのか、誰が立てたのか、
最近読んだ、立てた本人の文章によってやっと知ることができた。

上野界隈ほか

生前利行の作品を扱った二人の画商といえば天城俊彦(高崎正男)と木村東介、
利行碑を建てたのはその木村東介氏(1901-1992)で、湯島羽黒洞の主人だった人物だ。
(経緯が書かれた本はすでに絶版になっているが古書での入手は比較的容易)
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?