4つの石
油彩。F3)
家族が長い時間をかけてそれぞれ違う場所で拾ってきた4つの石。
いつか全員の分が集まったら、並べて画にしてみようと思っていた。
いくつかはキャンプに行ったときにセガレが拾ってきたものだ。
子供は小さいうちは、遊んでくればいつもポケットを石でいっぱいにして帰ってきたものだ。
一番小さいのがそのひとつだったと思う。
奥さんは石などに気を向けるタイプでは全くなく、
昨夏どういう気まぐれか、画の中の一番大きな石を拾ってきた。
すわりがよく底が平になっているので、はるか昔に人の手がかかったのかもしれない。
最後に妻の石がそろったときには子供はもう、石など集めなくなっていた。
それで週末、四つ並べて描いてみることにしたのである。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:油彩 静物

WHAT'S NEW?