多摩川春の色
(ガッシュ)

約二ヶ月ぶりにやってきた多摩川河川敷の風景は一変していた。
すでに桜は終わっていて、枯れ枝のシールドには若葉がつき、
河原は雪が降り積もったように一面白い花に覆われていた。
これはハマダイコンの花で、近づくと白より紫の部分が多い花だとわかる。
さらに花に触れると花粉がパステルのように付き、
うっかりすると衣服が黄色の斑点になっていたりする。
ダイコンといえば気になる根の部分は、売られている大根よりは細いものの、
食用にできるというから一度試してみよう。

二子玉川までさかのぼると、花は白から黄色に変わる(昨年はそうだった)。
春の河原に咲く黄色い花は菜の花だと思いがちだけれど、
多摩川に自生する多くはセイヨウカラシナだそうだ。
セイヨウカラシナは菜の花より茎が細くて花も隙間を持って咲く、
というのが見分けるポイントらしい。
「らしい」というのはネットで調べたからで、
私は花の名前に疎くてレンゲやタンポポくらいしか知らない。
樹木の名前も知りたいとは思うものの、図鑑やネットの写真を見ても判別ができず、
いつもわからないままだ。
この絵の真ん中に見えているのは、多摩川の河川敷でよく見るシダレヤナギのようだ。

多摩川はひんぱんに河川敷の工事が行われているので、
植生はいろいろ変わってゆくそうだ。
しかしこんなに真っ白に染まった多摩川は印象に残っていないので
昨年より、ハマダイコンの花は増えているのかもしれない。
これがいつか、一面黄色の花に変わってしまうこともあるかもしない。
自然というのは面白く不思議で、しかも理にかなった風景を作り出している。
この日は眠くなるような初夏の日差しの中で、何も考えずに描いた。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:Landscape Paysage 風景画

WHAT'S NEW?