toshiba


東京へ来て、一つ一つ買い足していった、わが家にある電気製品、
トースター、洗濯機、レンジ、電気釜などなど。
なかには道具屋で買った'60〜'70年代のレトロ家電もある。
そしてそれらを見渡すと、T社の製品は新旧織りまぜ、かなりある。
どれも丈夫で長持ち。
ひとくちに1兆円の赤字というけれど、
重さあるかなきかの一万円札をあつめて積んで100トンの重さ。
一秒間に一万円の浪費を続けて3万年かかるという。
原子力好きのアメリカが、なんで米国第一の原発メーカーを売りに出すのか、
それを日本の会社が買った時にはほんとうに不思議に思ったけれど、
おそらくカモられたのだな。
ニッポンはしかし、これからもきっと国ごとカモられるだろうという、
確信めいたものがある。

いっぽう、ニッポンの政治家や公務員の度外れた厚かましさはどうだろう。
見られては困る記録は勝手に捨てるし、
あったことはなかったことにする、コトバはつねに玉虫色。
そのうえで、記憶も記録もないと開きなおるあたり、始末が悪い。
公文書って、あんなに軽いものだったのか。
アフリカでも日本でもその申し開きと扱いは同じだ。
そうやってなお態度の大きい彼らへの支持率は、今もおどろくほど高い。
あきれるだけでたいして怒らない我々はここでもカモだ。

小学校のことはともかく、首相を含む国や地方を実際に動かしているメンメンが
あの戦前を思わせる教育方針については今も小さく、しかし強力に支持、拍手している。
それについてもおおかたの日本人が、たいして驚いていないようだ。
ワイドショーに名前の挙がった面々は皆仲間である。
別の舞台で百条委員会に引っ張り出された元都知事はもちろん、
今人気急上昇の東京都知事も例外ではあるまい。

今、国を動かし、法を替え、法の解釈を変えている主役は誰かと思うとき、
日本はちょっと途方にくれる状態だ。
うちらは無用、と断っても、包装紙を変え、見た目を変えての押し売り、掛売り。
ペラっと貼られた⦅安全⦆マークは「開き直ったメンメンが保証」という、
これは笑えないことになっている。
どうやらまた、かなり危ないものを買わされることになる。
先の醜聞は、証人が言ったようにトカゲの尻尾になって、
いっときのネタで終わりそうな気配である。
それでもフラストレーションがたまらない寛容というか、無関心が彼らを支えている。
国会で彼らが笑っているのを見た。
北風がふきすざぶ今年の春だ。
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?