交差点(神宮前交差点)
(ガッシュ)

疑惑の渦中にある首相が My チームを仕切り直してリ・スタート、というニュース。
あれだけの疑惑と疑獄が起こって何一つ明らかになっていない。
それに答えを出さずに「これから丁寧にやっていきます」など、なんで言えるんだろう。

これは別の街の、やはり交差点。
若者ファッションの街と言われて世界中から観光客が押し寄せるが、
実際この交差点に立って眺めていると、おしゃれな人はほとんど見かけない。
それは私が東京へ来た頃から言われている。
国内外の観光客を除いて見てもやはり少ないけれど、
昼間や休日には表通りを歩かないクリエイターや芸能人たちは確かにこの街にいて
驚くような家賃を払って日々、制作物を社会に送り出している。
東京へ初めて来た時に本当に東京らしい洗練されたビルだなと思ったのは
左奥の表参道交差点近くにあったハナエ・モリビル。
時は流れ、そのビルもオーナー自身が破綻して今はない。

正面の奇抜なビルのところには、かつてセントラルアパートという
クリエイターや芸能人が居を構える超高額家賃マンションが建っていた。
私が東京へ来た時には外側がガラス張りにリフォームされて、まだあった。
その後なぜか荒れ果て、取り壊し前には100円ショップが一階のテナントになっていた。
この日描いていたその反対側のビルも空き家が多く、
閉まったシャッターの前でスケッチブックを広げた。
(でないとこんな場所で描けるものではない)
どうやら対岸のビルも近いうちに建て替えになりそうな雰囲気だ。
初めてこの街を訪れた時、このビルの地下に今もあるCICAGOという店で
古着のコートを買ったことを思い出す。
正面のLEGOで作ったようなビルの今のオーナーは、地下に乗り入れた鉄道会社だ。
できたばかりだと思っていたら、もう5年になるという。
やがては屋上に樹木が茂り、ビルの外観はアフロヘアのようになりそうだ。
成長の遅い樹木を選んだのだろうけど、5年たってもまだこんな感じだ。

この街は常に顔が定まらず、時代に浮いて弾けたような表情をしている。
今から19年ほど前に、その頃まだ自由が丘にあった武蔵野館のレイトショーで
田村正和がまだ売れていない頃の作品「空いっぱいの涙」(1966年)を見た。
作品で田村正和はお世辞にも上手とは言えない歌を披露している。
ロケ地になっていた表参道のマンション(おそらくオリンピア)とその付近は
通る車の数もまだ少なく、モノクロームの映像と相まって、
パリのような渋い雰囲気の美しい街並みを写していた。
50年以上も経って街が変わるのは当然としても、
あの映像に残された神宮前近辺の街は美しかった。
(かなり大きくはなったけれど)参道の並木だけが、
舗道に変わらぬ木陰を落としている。
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?