東京は先週37度を超えて燃えるような暑さの日があったと思ったら、
週末は10度ほど下がってかなり涼しい。
原爆の日にドキュメンタリー番組をなどを見ていると、
あの日の熱線は数千度だったという。
37度と数千度、その差がまったくわからない。

父が子供の頃、故郷の宮崎から長崎に移り住んでいた時期がある。
私はときどき自分のうかつさに呆れることがある。
その頃、長崎に原爆が落ちたのではなかったか。
無事だったのは間違いないけれど、何も見なかったのだろうか。
空に立ち上ったキノコ雲とか。
TVや映画、文字でしか歴史を知らない人間は、
このような漫画ふうの図を思い浮かべる。
昨年、今さらながら父に聞いてみた。
父たち家族がいたのは佐世保、長崎の爆心地から60kmほど離れている。
そこで大工だった祖父は、軍艦の内装を行っていたそうだ。
戦争に行かなかった理由はそこにあったのかと、今さらながらわかった。
父によると原爆が落ちたその日、まったくそのことには気がつかなかったという。
空はどうだったか、黒い雨は降ったのか、ひつこく聞いてみたけれど
外で遊んでいたし、空にも変わったところはなかったということだ。
父は当時10歳くらい、語るところによると、
長崎との間にはいくつかの山があり、海があり、岬があったからかもしれないという。
地図で見ればわずかの距離も、住人にとってはかなり離れた場所という印象らしい。
人というのは自分のいる場所、時間などの
ほんのわずかの違いが人生や生死までも分けている。
そう考えると、人には避けられない運命のようなものがあるのだと思ってしまう。
私は今年、祖父の寿命を超えた。
関連記事
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?