Blog一年

 01, 2011 13:06
スライド1

Blogを立ち上げてから一年になりました。
一度は置いた筆をふたたび手にとって二年弱になります。
ここでとりたてて気負って申し上げることもないのですが、
個人で思っていること、描いている画を誰かに聞いていただき、見ていただく、
そのために自分の考えを整理する。
デジタルへの好き嫌いにこだわることもない、
Blogというのはありがたく、なかなかいいものです。

~ものというのは、目の前に見えているそのままではない。~

は、オキーフの言葉だったか。
この一年の日本に、残念な意味で象徴する言葉だと思います。

今また描いている画があり、構想している画があります。
ここを見て、読んでいただける方へ、
今後ともどうぞよろしくお願いします。
・・・・
上の写真の絵の具箱は私の母が若い時に使っていたものだ。
だからこんなに古く、汚れてもいる。
母の残した油絵は2点、スケッチの数からしても
画をやっていたのは結婚前の一年ほどだったのではないだろうか。
それにしては汚れており、大ざっぱな性格が見て取れる。
その絵の具箱をほぼ50年後に私が使っているのを知ったら
母はどう思っただろう。

20歳頃、突然画の勉強を私がはじめたことから、
実は母だけではなく、祖母も若いときに画を描いていたことがわかった。
母も知らなかったそうだ。
私のそのときの行動が、母と祖母、二人の若い日の息吹をよみがえらせた、
そんな気もした。
画、タブローというのも似たところがある。
画家の見た風景、静物、人物、その他キャンバスに描かれたものが
見た人の記憶を呼び起こす。
その景色が実際に見たものであるかどうかは関係ないことで
いい画は見る人がノスタルジーを感じる、
私はそう思う。

この絵の具箱を見るたび、いつも私が思うのは
かつて私を支え、応援してくれたこの二人の肉親のことだ。
今使っているイーゼルには、絵の具も筆も収納できるのだが
それをあえて空のまま使わず、
取っ手もとれてしまった古い絵の具箱を使い続けているのは
そういう理由がある。
スポンサーサイト

COMMENT 4

Thu
2011.11.03
18:49

タブロウ #3h4yWL0g

URL

Re: Blog一年

のまどさん、こんばんは。

のまどさんのご親戚は美術に関係のある方が多くて楽しそうですね。
先日のまどさんのBlogのコメント欄で申しましたが
私はのまどさんの実物の作品を手に取ってみて、本当に感動しました。
そういう方に見ていただき、コメントいただけることがどれだけありがたいことか。
そのうち日本でのまどさんの個展が開かれ、
別の作品、大きな作品を拝見できる日を楽しみにしています。
今後ともどうぞ、よろしくお願いします。

Edit | Reply | 
Thu
2011.11.03
18:40

タブロウ #3h4yWL0g

URL

Re: Blog一年

hananoiroさん、こんばんは。

見ていただき、コメントをいただけることによって
どれだけ励みになったかわかりません。

こちらこそ、大きなサイズに向かうhananoiroさんの姿勢に
教えられることが大きいです。
今後ともどうぞ、よろしくお願いします。

Edit | Reply | 
Thu
2011.11.03
05:28

のまど #-

URL

Re: Blog一年

ブログ一周年になるのですね。
おめでとうございます。

絵具箱はお母様のなんですね。
祖母から母へそしてタブロウさんへと繋がる美の世界ですね。

実はウチも母が美術が好きで、私の姉は美術の講師で姪は武蔵美に通っています。

これからも絵具箱に詰った見えない歴史を大事にして絵に励んで下さい。

Edit | Reply | 
Wed
2011.11.02
20:09

hananoiro #-

URL

Blog一年

こんばんは☆
もう一度、筆をとったタブロウさんのブログを自分に重ねて、見せていただいています。

これからも良い作品を描き続けて下さいね!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?