天の川、底の川〜目黒川〜

 08, 2012 12:33
夏の目黒川(4F、パステル)

東急線と90°に交差する目黒川はふだんはただの「どぶ川」であるが、
花見の頃には頭上の満開の桜に見とれ、無数の花びらを浮かべて流れる川には風情さえ感じたりする。
コンクリートで囲われた底を流れる川を上から見ればそれほど濁っているようには見えないが、
だからといって清流であるはずもない。

シーズンをとっくに終えた今ごろ、人のまばらな暑い平日に橋に立ってみると、
意外にも両岸に茂った桜の樹の葉が落とす緑の木陰と、その合間からこぼれ落ちる光が目に染み入る。
川の水質などは考えずに、ただ、涼を感じてコンクリの川を見下ろす。
川で遊ぶ子どもたちも、えさの小魚を探す白い水鳥も見あたらない。
こんな川とも言えない川に癒されているのは、都会に移り住んだ時間の長さの証だろうか。
夜になって今度は空を見上げてみても、今度は天の川が見つからない。
子供の頃奈良で一年中見ることのできた銀河の流れは、東京の下界の明るさにかき消される。
だからといって不幸かというとそうとも言えず、
画になるかどうかは別にして、片隅の美への感動はあちらこちら、どこにでもある。
これも日本の風景だ。
スポンサーサイト

Tag:Landscape Paysage 風景画

COMMENT 4

Tue
2012.07.10
01:18

タブロウ #3h4yWL0g

URL

のまどさん、こんばんは。

ボージョレーの個展がすばらしいスタートになったと読ませていただき、
私も切符と休暇が取れれば飛んでいきたく思いました。
チャンスが来た時にいつでもダッシュできる実力はやはり深く尊敬します。
また、今後の作品の入れ替えにも期待しています。

ところで、この画の川は「黒目川」ではなくて「目黒川」ですが
どこかでつながっていますか?

Edit | Reply | 
Mon
2012.07.09
22:50

のまど #-

URL

タブロウさん、こんにちは。

やっとお気に入りの方のブログに訪問できる時間が戻りつつあります。
黒目川と言う言葉は懐かしいです。
私が住んだのは東久留米市と新座市の境を流れる黒目川でした、そのほとりのボロアパートに6年住んでそこで長男も生まれました。
そこは湧水を源にし都内では珍しい清流で、我家ではそこに自生するクレソンを食べていました。

この黒目川の水面に落ちる光が印象的ですね。
何気ない日常の断片を切り取る絵の手法は俳句ににも似て惹かれます。

Edit | Reply | 
Mon
2012.07.09
00:50

タブロウ #3h4yWL0g

URL

hananoiroさん、こんばんは。

自分の画に言葉を添えるのは結構難しいので
苦し紛れに書いたことです。
いつもそんなことを思ってはいても、あまり深い意味はありません。

私も気に入った文章は書き留めるようになりました。
感動した景色は忘れなくとも、文字は片っ端から忘れてしまうからです。

Edit | Reply | 
Sun
2012.07.08
14:27

hananoiro #-

URL

こんにちは^^
片隅の美。。いいフレーズですね。
タブロウさんのように作品に対する思いや日常感じることを
うまく言葉に表すことができないので、
やっと最近、気になった言葉や思いついたことを
手帳に書き留めることにしました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?