文化の日に

 03, 2013 17:32
今日は文化の日。
今の日本国憲法が公布された日だ。
Wikipediaを見ると、この日11月3日を祝日にしたのは
「日本国憲法が平和と文化を重視していることからだ」とある。
そう思うと、この日の意味と今の日本がとろうとしている姿については
深く考えさせられるものがある。

ある人が引用していた今日の東京新聞の社説がとても印象に残った。
新聞は読んでいて腹立つことが(原発事故以後は)多いけれども、
今日はここに新聞の良心を見る思いがした。
筆者は戦前に法制局長官を勤めた金森徳次郎という人について触れている。
戦後、「日本一国が戦争放棄しても意味がない」との論調に対して
「正しいことを行うのに、ひとより先に着手すれば損をするという考え方をもつならば、
 永久にその正しいことは実現されない」と言ったという。
まっとうで正論で、これを今まで国単位で実現してきた日本は
実は我々が思っている以上に世界から尊敬されてきたのではないだろうか。
世界中の先進国と言われる国で、「理想」とはわかっていながらも
「戦争の放棄」を実現してきた国は、日本だけなのだから。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?