年末年始に画集を買った

 19, 2011 15:17
寺内萬次郎画集-1

12月はネットオークションというのは出品も活発で
ボーナスが入るせいか、落札価格もやや高めのような気がする。
それがちょっとずれて年末年始になると、こんどは皆忙しくなるせいか
出品価格のままで落札できたりする、狙い目の時期になる。
自由になるポケマネが少なくなる一方なので書籍はほぼ古本でしか購入していない。
画集となるとなおさらである。
この年末年始はいくつかの画集を幸いにも手頃な値段で買うことができた。
・・・・
・寺内萬治郎画集(昭46年/日動出版)
ふつうに古書店で買えば万単位はするのだが、これが\3,500で落札できた。
以前に裸婦ばかりの展覧会図録で印象に残っていた画家で
まとまった作品を見る機会がなく、画集もこれ一冊しか出ていない。
ほぼ裸婦だけを描き続けた画家だが、この画集では初期の子供や静物、
風景画なんかも見ることができる。
真骨頂はやはり裸婦で、一部時代を感じるポーズもあるけど
日本人の裸婦を欧米人のそれとは別次元の美に昇華している。
小出楢重、萬、長谷川利行などに比べれば地味で平凡に見えるが
肌を表現した暖かみのあるやわらかい色合いがすばらしい。
絵として愛すべき作品を残した画家だと思う。
寺内萬次郎画集-2


寺内萬次郎画集-3 寺内萬次郎画集-4


・印象派の技法 (ビジュアル美術館) 同朋舎出版、1994年刊
印象派の技法-1 印象派の技法-2

「ビジュアル博物館」(同朋舎刊)はものマニアックな図鑑で
どれをとっても日本のものとは全く違った切り口で編集されたシリーズ図鑑だった。
そのアート版の「アート博物館」のうちゴッホ、モネ、
そして今回購入した「印象派の技法」をもっている。
題名から想像するような油彩技法のHow to書ではなく、
画家が使っていた絵の具等の画材、エピソードなどをビジュアルで紹介する
やはり図鑑であって、疲れた夜に手にとって眺めるにはもってこいの本だ。
たとえばこの本ではドガの「アプサント」という絵をとり上げて
絵の中に小道具として描かれているカフェ用マッチスタンドの実物や
当時のカフェに置かれていた店用の新聞が紹介されたりしている。
現地パリの郷土博物館なんかで実物が取材できるのだろう。
さらに絵の男の方の飲み物が二日酔いのために飲むマザグランという飲み物だったなど、
この本を見なければ生涯興味さえ持つことはなかっただろう。
ちなみにマザグランとは、ワイン入りコーヒーで、
レシピがこちらで紹介されている。
こんなディテールは国内書ではまずお目にかかれない。楽しい。

・サージェント展図録
J.S.サージェント図録

昨年のマネ展にも同時代画家として何点か作品が来ていた。(オルセー展だったか)
非常に上手い画家で、何を前にしても自在に写し取れた画家ではないか。
これほど優れた描写力があり、人気も資産もあったにもかかわらず
一方では美術の流れを少しも変えることができなかった事実がある。
晩年この名人芸をもった画家はどういう気持ちで自らの芸術を振り返っただろう。
職業画家として引き合いの多かった肖像画を晩年は断って描かなくなった。
裕福な画家は泰然としてただ好きな画題を悠々と描き続けたのか。

・ルソー (集英社、アート・ギャラリー現代世界の美術、1984年刊)
ルソー画集
これほど有名ながら、ルソーを単独で扱った画集というのは
大型ではこれだけ、というのは意外だろう。
洋書でも、評価が高くページ数が200ページ以上の、いわゆる大判タイプは少ない。
この手の大判画集というのは(美術離れなのか、保管場所のせいなのか)近年人気がなく、
ルソーに関して日本ではこの本が、現在新刊で入手可能な唯一の画集なのである。
読み物部分も多くて楽しめ、古書店でも比較的安くで入手できる。
有名な「眠るジプシー娘(1910年)」をはじめて見たのは
中学の美術の教科書だったと思う。
後に読んだヘミングウェイの「老人と海」はラストで
漁師のサンチアゴ(老人)がたったひとりで巨大魚との
何週間にもわたる格闘の末に這うように帰宅して深い眠りに落ちたとき、
「ライオンの夢を見ていた」というところで話は終わる。
そこで真っ先に思い出したのはこの絵だった。

眠るジプシー娘
スポンサーサイト

Tag:画集

COMMENT 2

Thu
2011.01.20
11:36

タブロウ #-

URL

図録、画集は’80年代以降のもので。。

アイビーさん、こんにちは。
サージェントはお好きそうですね。
本当に上手い画家だと思います。
できれば大判の洋書で見たいところですが。。

オークションはわたしもそのとき気になった画家で検索しています。
だから運に左右されるとも言えるんですが
運が良ければ結構安くで購入できますよ。
図録なんかは1980年代半ば以前のものはモノクロページが多いので
それ以降のものを買うようにしています。
最近ブックオフは価格が高めでむしろふつうの古書店の方が安くなってしまいました。

・・・こんな知識だけが多くなってしまっています。

Edit | Reply | 
Thu
2011.01.20
09:39

アイビー #2toZYr9Q

URL

No title

うわ、サージェントの図録もそんな値段で!
羨ましいです。
サージェント好きなんですよ、私。

ヤフオクも時々見ますが、あまりにも膨大な量で
疲れちゃうんですよね。

でも、印象派の技法も楽しそうだし、
寺内萬次郎?画集も見応えありそうですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?