Fさん像

 11, 2014 01:06
F女史(F4、油彩

友人が個人でインドから買い付けてきた映画の、残り一本が公開された。
先に公開された女性向けの作品は予想を上回るヒットで大入り袋も出て現在ロングラン中だが
こちらのアクション作品は出足やや鈍いもよう。
娯楽作ながら安っぽさや作りの粗さなどのほころびは見当たらない、
今の邦画よりはるかに洗練された映像には、最初驚いた。
しかもおもしろい。
このマッチョな作品の字幕翻訳制作者、実は女性。
そのFさんと、先日ライブハウスで行われたイベント会場で初めてお会いしたが
この作品の翻訳は本当に難しかったとのこと。
華奢な肩を見て、そうだろうなぁ と頷いた。
スポンサーサイト

Tag:油彩 肖像画 Portrait

COMMENT 3

Thu
2014.08.14
23:38

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Tue
2014.08.12
23:44

タブロウ #3h4yWL0g

URL

KENさん、こんばんは。
私の独り言におつきあいいただき、恐縮です。

畦地梅太郎さん、いいですねー。
古い版画集は古書市場で高価なようですが、
別冊太陽のムック本は古書でも入手が容易でおすすめです。
先日近所の古書店で買った、
町田市立国際版画美術館から2001年に発刊された生誕百年のカタログが、
寄稿文や伝記も読み応えがあり、装丁もハードカバーですごくいい本でした。
こちらも安価でおすすめです。
山と絵が好きな人は、自宅に作品を一枚掛けておきたくなる作家ですね。

夏山は雷が一番怖いので、KENさんもお気をつけください。

Edit | Reply | 
Tue
2014.08.12
10:00

KEN #T9f8X956

URL

残暑お見舞い申し上げます。

タブロウさん、いつも掲示板へのコメントありがとうございます。

タブロウさんのブログでいろいろなをお話を楽しませてもらっています。
おかげさまで幅広い分野を知るきっかけになっています。
最近の書き込み、「インド映画」、「狐に化かされる」、「寛容なき世界 」 、「調理場」など、引き込まれて読んでしまいました。

それに異色の画家が登場するのもうれしいです。
タブロウさんのブログで偶然知った版画家” 畦地梅太郎画伯”の素朴な感じが気に入り、何枚か作品を模写させてもらったことを思い出しています。 感謝

残暑厳しい折お体ご自愛ください。
KEN

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?