持ち帰りたい風景

 05, 2015 01:26
奈良の夕暮れ(色鉛筆)
週末、父の病院を出て奈良公園に行った。
駅からまっすぐに浮御堂近くの荒池へ。
年末にもここを目指したのだけれど、そのとき足は逆の方へ向かい、
一枚描いて引き返してきたものの、東大寺旧境内の二枚目のところで日が暮れてしまって
とうとうここへは来られなかった。
この日は寄り道をしなかったので、明るいうちは古い土塀を写生し、
夕方帰ろうと思って歩き始めたところ、この風景が目に入った。

老いた親と暮らすには、東京より奈良のほうがいいに決まっている。
今という時代もあるけれど、デザインという仕事はひとたび東京で根を下ろすと、
他の地で再出発というわけにはなかなかいかない不自由な仕事だ。
もちろん、実力の不足ということもあるけれど。。
ともあれ、この風景と昼に描いた土壁を父とともに、
できることなら東京へ持って帰りたい。
スポンサーサイト

COMMENT 2

Sat
2015.03.07
00:18

タブロウ #3h4yWL0g

URL

ありがとうございます。

のまどさん、こんばんは。
おかげさまで、今朝退院しました。
いろいろご心配いただき、ありがとうございました。
水曜には東京へ戻ってきていたのですが、
溜まっていた仕事もそこそこ片付き、週末は天気もよくなさそうなので
たっぷり睡眠を取ろうと思っています。

わずかな期間に質の高い作品を4点も制作されて大変でしたでしょうけれども
久し振りの制作の充実感に浸られたんではないですか。
それにしても、海外にはジェルがないのには驚きました。
じっくり制作されるのまどさんにはそれほど必要は無いのかもしれませんが
今の私には必携の画材になっています。
いくつかのメーカーを試してみましたが、
私にはクサカベのが最も粘度が均一で使いやすいですね。

Edit | Reply | 
Fri
2015.03.06
22:10

のまど #Ufx3x5dU

URL

こんにちは。
お父様の体調は如何ですか。
何ともシミジミとした好い画です。
この作品はタブロウさんの今の気持ちが痛い程、伝わって来る様です。

私もタブロウさんも、、お互いに新天地で夢中になって生きて来ました。
そして遠くに居る肉親と、故郷を想う気持ちが私の胸に迫ってきます。
そろそろ過去も振り返る歳になったのでしょう。。

お陰様で作品の搬入を無事終えました。
色々とコメントを頂いたのが励みになりました。

それではお身体をお大事に。
お父様を大事になさって下さい。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?