「土塀」

 15, 2015 01:39
朽ちた土塀(ペン、色鉛筆)
時間が前後して、ここはふたたび奈良の風景。
風化してかろうじてその姿をとどめている土塀を描こうとやってきたが
手前の苔が見事で、両方追っかけてしまった写生。

古都が古いものはなんでも大切にして、
できればそれを残すように努力を惜しまないか、というとそんなことはなくて
観光資源にならないとわかると、壊しにかかる。
この土塀はたまたま残ったのかもしれない。
市内の民家の裏や農家なんかに、崩れかけた土塀があちらこちらに残っていたが
あらかた消えたのはシルクロード博以後だろうか。
隙間だらけのあまり役に立っていないこの土塀に残された時間は、
もうそれほど残っていない気がする。
スポンサーサイト

COMMENT 1

Tue
2015.03.17
23:18

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?