「北品川」

 22, 2015 19:25
北品川(オイルパステル)
大井町へ行ったついでに、
以前から散策してみたかった、北品川へ向かう。
やはりというか、商店街はきれいに整備されてしまって、
期待していたようなイニシエの東海道品川宿の面影は、
今も「なくはない」という感じ。
どちらかといえば、観光地の商店街のようなたたずまいになっている。
レトロをうたっている町も、地元の人にとっては古びた商店が軒を連ねるよりは、
新しくきれいで暮らしやすいほうがいいにきまっている。
そんな町にも部分的にしっとりとした時代を感じさせるところはあって、
せっかくここまでチャリを走らせたのだから、それをつまんで帰ることにした。

商店街を真ん中にして縦横に走って見つけた古い民家の一角は、
その風景の前に立ったときには胸が高鳴ったが
帰ってから調べてみれば、わりと有名なスポットだった。
周囲を高層建築に囲まれた立地は、
こんな民家が一角丸ごと残っていることがいかにも不思議だ。
どうやら品川区がこの家並みの保護にあたっているらしい。
高額な地価の関係もあるだろうけれど、
も少し早く、そして広く残せなかったのかと思う。
全く同じアングルの写真がネットにも多数上がっていて、
凡庸な構図で描いてしまったことがちょっと恥ずかしい。

ここに着いた最初からちろちろと顔を見せていた一匹の黒猫が、
帰ろうと思って手前の角を曲がったらまだそこにいた。
そこでじっと座り、こちらの様子をうかがっていたのだった。
空き家が多いこの一角に人の気配がしていたのは、このネコのせいだったか。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?