ワイエス「カーナー農場」を開く日

 21, 2011 17:31
ワイエス画集

今私にできること。
今必要でない、とくに品不足と言われているものは買わずに済ます。
また、店に商品があふれるときまで。。
電気は無駄遣いしない。
昼の外食を安く済ませて、毎月募金しよう。
今自分にできることはこれくらいなのだと、
だからこれくらいは努めてやっていこう。
・・・・
震災後に、以前Amazonに注文していた本が届いた。
以前から欲しかったワイエスの画集、「カーナー農場」だ。
英文版の古本だったが、表紙カバーに少し破れがある程度の本が
たまたま\3,000ほどで買えたのだった。
ちなみに英文版と日本語版との違いは、内容を翻訳した挟み込み冊子の有無だけである。
これは図書館などでコピーできる。
アメリカからの発送だったので3週間ほどかかったが、
やっと届いたのは地震の二日後だった。
楽しみにしていたこの本を、届いてからまだ開いていない。
震災が落ち着いたとき、避難所を最後のひとりが出た日にこの本を開こうと思う。


震災に際して、問題意識を持ってみたり、情報を集めてみたり、
いろいろ自分なりに考えてみたけれど、
なにもできない事への無力感がつのるにつれ、当たり前のことに気づく。
自分にそれほど多くのことができるわけではない。
思い上がってはいけないのだ。

よく見るパンドルさんのブログで、
宮城のご友人の無事が確認されたそう。
よかった!拍手!88!
私にできること。
スポンサーサイト

COMMENT 4

Tue
2017.08.29
12:09

タブロウ #3h4yWL0g

URL

和美様
コメントをありがとうございます。
こういう古い記事にも訪問してくださる方、読んでくださる方がいるのを知って
ちょっとジンときました。
この作品集がアメリカから届いたのは東日本大震災の2日後でしたか。
すっかり忘れていました。
確か避難所を最後に出られた方の記事が新聞に出た日に、
この作品集を開いたと思います。
本当にいい作品集で、「絵の虫」ワイエスの真骨頂を堪能できますね。
これほどの描写力があればと、思わずに入られません。
画家が描くことによって今も建物はもちろん、
風景ごと保存されているカーナー農場を訪問されているとのこと、
羨ましい限りです。

和美様ご自身も素晴らしい作品をたくさん描いておられるのをBlogで拝見しました。
風景などはやはり日本とは空気感が違いますね。
たまたま日系人の強制収容所のところを拝見しました。
何年か前に東京で収容所の日系人の方々が収容中に制作した作品の展覧会があり
私も出かけた時のことを記事にしています。
どれくらい参考になるかはわかりませんが珍しい機会でしたので、
よろしければ以下ご覧ください。

http://gakakeikaku.blog71.fc2.com/blog-entry-210.html

Edit | Reply | 
Tue
2017.08.29
05:21

和美 #zKy7gLQU

URL

その後

娘が今日カーナー農場を訪れたので検索してこちらにたどり着きました。その後、本は開けることができたのでしょうか?

Edit | Reply | 
Tue
2011.03.22
17:39

タブロウ #-

URL

No title

アイビーさん、こんにちは。

なにやら無力感がつのる毎日です。。。
復興を願う個人的な約束です。なんの役にも立たない約束ですが。

ワイエス、サージェント、神の手をもつ画家ですね。
変わることのない自然、その上を通り過ぎていくだけの人間、
それを痛感する風景画が納められています。
今回の被災地もまたそういう場所であったことでしょう。

Edit | Reply | 
Tue
2011.03.22
12:45

アイビー #2toZYr9Q

URL

No title

あ、いいですね~~、ワイエスの画集。
タブロウさんと風景画の好みが一緒ですね(^^)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?