大森の放水路

 13, 2016 12:59
大森の放水路
(ガッシュ)

出かけたのはすでに夕方に近い時間。
いつもの大きな多摩川ではなくて、地図に名前さえ出ていない水路を描きに行った。
少し離れたところに流れる吞川(のみがわ)から分かれて海へ流れる、放水路と思われる。
この先の上流側に小さな水門がある。
ふだんは閉じられているせいで水路に流れはなく、そのままではどんなに浄化してもどぶになる。
ただ、この水路には手すりの低い、古い小さな橋が多くかかっていて、
ちょっと懐かしい景色を作っている。
こんなところでスケッチブックを広げていて、よもや知人に会うとは思っていなかった。
セガレの同級生の親御さんに走る車から声をかけられて驚く。

ここはやはり下町だ。
この時間帯になると、買い物帰り、缶ビールを片手に、
あるいは銭湯へ行く途中だろうか、自転車に乗った通行人に声をかけられたりする。
住人まで懐かしい。
みなさんこのどぶ川の夕景を、今日は立ち止まって見つめる人が多い。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?