ふたたび、「買う」ことが罪悪となる日本

 31, 2011 17:10
テリー」AC広告

今TVラジオで流れている「自粛広告」、ACのあれである。
一連のメッセージの中には正論もあるが、
ちょっと待てよ、というものもある。
テリー伊藤がラジオCMで言う「必要なもの以外は買わないようにしよう」
(TVのセリフはボードに書いてある言葉ではなく「買いだめはやめよう」になっているのは
 さすがに誤解を招くと判断したか。。。)
ほかにも、タレントが「それ、ほんとに必要ですか?」など同様の自粛メッセージが流れる。
こういう社会的に同意を得やすいタレントに、頻繁に流れる映像で
なんでこんな不注意な言葉を喋らせるのだろう。
テリー氏など、TVでいろいろコメントしている立場にあるならば、
仮に他人が書いたコピーに対しても、自らの言葉としてチェックする責任もあるはずだ。
本意は「買い占めはやめよう」だろうけど、あまりに不注意であり、
ラジオでは「必要なもの以外は買わないようにしよう」としか言っていない。

大きな災害時に起きがちな「消費の自粛」を安易に煽ると沈滞を招き、
「みんなでやれば」大きな弊害が出る。
阪神・淡路大震災の時にも同様のわだちを踏んだはずではなかったのか。。
・・・・
私も震災後、無駄遣いはせず、募金に回そうと思った。
しかしまわりの自粛ムードの勢いは、すでに私の頭の上を大きく越えてしまっている。
今百貨店では売上げが震災前に比べ5割減になり、飲食店も同様に悲鳴を上げている。
知り合いのイベント会社は倒産したと友人からも聞き、
支援どころではなくなっている。
買いだめのことにフォーカスしすぎて「買う」ことが罪悪となっている。
なぜ日本はこう極端なのだ。

これと同じ状況はたしか阪神・淡路大震災でもあったし、リーマンショック後にもあった。
とくに阪神・淡路大震災の時には同じような「買う=罪悪」的な空気がまん延し、
「自粛して募金こそ正義」一本槍になってしまっていた。
その後、「これはちょっと違ってきた」ということになり、
「みなさん、消費もしないとだめですよ」
と180度逆に舵を切ることになったと記憶する。
同じ過ちはそれほどの時を経ずして繰り返されている。

自分で考えないといけない。
募金はしよう、しかし日頃の消費はいつも通りにやらないと日本全体が不況に陥る。
復興を支援するどころではなくなる。

テリー氏の広告は広告代理店が考えたものだろうが
そのうちメッセージが差し替えられるだろう。

「なにかやらないと」、「何か貢献しないと」、
あせるチンドン屋に、踊る芸能人、踊らされる私たち、
ペラペラの救済者意識はこういう空回り、逆回転を生む。
過去の結果を皆知っていたはずなのに、繰り返す。


最近被災地福島県の、中学生でさえも、遠慮せず言うようになってきた
「福島で作った電気が東京を支えていた、そういうことにも関心を持って欲しいです」

私は思う。
被災者に何かしたいと考えて募金したりボランティアを行ったり、それもいい。必要だ。
しかし、原発事故に関しては
今までの無知と危険の放置の責任を、
「募金」などで今すぐ埋め合わせてはいけないのではないだろうか。
「何かやった」という満足で、自らの罪悪感を簡単に救ってはいけないと思うのだ。
むしろ「何もできない」という無力感に押しつぶされそうになりながら
生きなければならないのではないだろうか。
TVなどで支援活動を行っている文化人、芸能人のやけに生き生きとした表情を見るのに
私はどうにも耐えられない。

私たちはそういう後ろめたさを感じながらこれからも生き、消費し、募金もし、
せめてこれから被災者の復興に貢献できるように
日本経済を生かしていかなければならない。
被災者の次に必要なものは生活、雇用になる。
ボランティアにもいけない私たちは(募金も結構だが)
そちらの方にこそ、責任を果たさなければならないのではないだろうか。
スポンサーサイト

Tag:東北・関東大地震 東日本大震災

COMMENT 2

Sat
2011.04.02
02:45

タブロウ #3h4yWL0g

URL

嘆息の日々

ぱんどるさん、こんばんは。
たしかに日本全体が被災しています。

10年前に福島県に移り住み、椎茸栽培をはじめてやっと軌道に乗せた親戚がいます。
第一原発20~30km圏内ぎりぎりの場所に住んでいたことからある日突然の避難指示があり、
生活を支えていたものすべてを捨てて今避難しています。
同様の重い事情は今避難している20万人に20万件あり、
それを背負っているにしてはあまりに軽く、
知恵と責任と慈愛に欠けた国と企業の対応じゃないかと・・・
相棒とも日々の報道を見て最近は、怒りを通り越してもう笑ってさえいます。
日本という国の存亡を担っている面々は、今やネタの供給元だと。

私の書き方は今、多分に感情的であり、偏りもあると思います。
「国民の大多数が同じ方向を向いたときは注意しよう」と、いつも言っていながら
東北、福島から今、目をそらすことができない自分がいます。
もう少し時間を下さい。
コメントを頂いて感謝しています。
その通りだと思います。

その親戚が2つめの避難先から東京に着き、明日会うことになりました。
ぜひ多くの人に聞いていただきたい話がありますので、後ほどブログに書くつもりです。
こんなローカルブログでは話にならないのですが。。。

こんな状況ですが、展覧会の成功を心から応援しています。

Edit | Reply | 
Fri
2011.04.01
20:24

ぱんどる #-

URL

No title

日本が極端なんじゃなくて
海外でも同じ問題やパニックはおきていて「噂」をどうとるか?
つまり、個人主義と言いながら海外でも自分の考えを持たず
いつの間にか世間に流され生活しているのか?
今、日本全体が東北に激しく向いていることに私は恐怖を感じます。
ソレも報道による「噂」で
あまりに悲劇な被災地を見せられ他が見えなくなっている今我が国民と思います
が、本質は陰に隠れ実は 日本全体が被災していたわけで
ボクシングの試合でボディーブローを喰らった選手が耐えて応援に燃え試合続行しているが
実は、肝臓が破裂しているといったカッコウでしょうか
このボディーブローは重く
この経済破綻は もしや すでに我々は死んでいる?とさえ思ってしまいます。
今後、日本に潰れてもらっては困る海外資本が参入ラッシュと思われます。
消費税も10パーセント超えはいくんじゃないでしょうか。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?