Still Life ~一輪挿しと蓮のある静物~(6F)

 05, 2011 00:06
一輪挿しと蓮のある静物

蓮の萼(がく)は絵になるのでよく商品写真やインテリアの「合わせ(演出小道具)」に使われる。
落ちたばかりのものには穴の中に種が入っていたりする。

この蓮は、5年ほど前だったろうか、
夏休みに家族で府中の市民プールに行った時、
ゲート前の人工池にたくさん浮かんでいたものを拾ってきたものだ。
3つあったけれど、いつのまにかひとつになってしまった。
一輪挿しは先日のコーヒーカップと同じ、和田麻美子作品。
・・・・

菅総理が総理の不信任案が否決されたとたん、
続投に意欲を見せてまわりを唖然とさせたと、
報道はどれも「茶番だ」と言っている。
はたしてそうだろうか。

日本全体で今、最も大事な被災者救済と原発事故被害者を置き去りにした
情けないことであるのは疑いもない。
しかしこれでこの先一年は自民党から「不信任案」は出せなくなってしまったという。
無策の政府にプレッシャーをかけられる、大きなカードを失った。
手玉にとられたのは果たして誰だろうか。

ここにのせるのは、ちょっとはばかられるお笑いネタ動画
しかし実によくできている。
痛烈であって、アイロニーがある。
よくできた台詞だと思うのだけれど、どうでしょう。
続く別バージョンもあります。
スポンサーサイト

Tag:油彩 静物 toujours la vie Still life

COMMENT 9

Sat
2011.06.11
19:58

ぱんどる #-

URL

No title

誰に読まれても苦情が来ても^^;私は、本気でオベンチャラ無しでコメントをする姿勢は
変わらずでございます。
好きな方には、出来るだけ腹に持たず全部を出す
タブロウさんを私本人と思い自分へのコメントのつもり出来ております。

ちょいと文章が悪かったようで伝わり難いものとなりましたが
努力は、良くない
絵はけして努力や頑張って描くものではなく 今簡単なものを「旬」として
飽きるまでシリーズで描いてみてください
と言いたかったわけです。
アレもコレも描ける憧れは分かるのですが、十人十色 何が自分に合っているのか?
それは、誰もわからないし 幅が狭い作家なのかもしれない
だけど 18番と言うのは、その後の新たなシリーズが出来ても強いものなのです。

Edit | Reply | 
Sat
2011.06.11
18:45

タブロウ #3h4yWL0g

URL

No title

アイビーさん、こんにちは。

私だけ読んでいては惜しい、と思っていました。
いただいたコメント、どんどん活かしてください。
自分が描きやすいものを描く、感動と楽しむことが大事なのだと思います。

Edit | Reply | 
Sat
2011.06.11
14:01

アイビー #2toZYr9Q

URL

No title

うわ~。ぱんどるさんのコメント、深いですね。
浅学な私は、何度も読み返したのですが、
わかるようなわからないような。
すみません、勝手に人様のコメントを読んでしまいました。

私も先日苦手だった静物画を描きまして。
あら?結構面白いなと思ってたところだったのですが、
タブロウさんの静物画のように落ち着いてない(><)
この一輪挿しの感じ、好きです。
ああ、いかにも素人の感想・・・ごめんなさい(^^;)

Edit | Reply | 
Sat
2011.06.11
11:50

タブロウ #3h4yWL0g

URL

No title

ぱんどるさん、今の私には何よりの言葉をありがとうございます。
経験から来た貴重なコメントであること、私なりに理解しています。
問題はつぎの画にそれを活かすこと、少々緊張気味です。

Edit | Reply | 
Fri
2011.06.10
15:32

ぱんどる #-

URL

No title

タブロウさん、陶器はけして描きやすいとは思えません
タブロウさんの回答は、私が言いたい視点と違う解釈と思われます。

タブロウさんの陶器には愛情があるのです。
そして、うまくいかなかったものを再度描く場合に「挑戦」という言葉が
出ている以上 難しいと思われます。
「描いてみせる!頑張る!努力する!」
タブロウさんの家族の肖像は、努力されたものではなく
愛情が滲み出ている それは 描いて見せたわけでもなく、努力されたものでもない
視点の錯覚の怖いところと思います。
「描いてみせる、頑張る、努力する」は ある意味ネジフセルという横暴さが人間出てしまいます。
私も全くあなたと同じで、愛情が無いものは全くやうまく行かず ダメなのです。
その昔、私もネジフセル努力を何度と無く経験して 全くやダメでした。

それならば と視点を転換して
ならば 興味がわくまで そのモティーフは1年でも10年でも待てばいいのです。
大変好きなものでも5時間もじっと同じものを眺めたら疲れます。
良い作品が描けるのは、いかに自分がそのモノにドキドキしていられるか?です。
チャレンジも大切ではありますが、楽に描けるものが今あなたがドキドキしているものなのです。
そして、それもいつかは飽きが来て描けなくなったりもします。

今まで楽に描けていたのに・・・
ドキドキは消えるものでも有ります。
ですから、旬は今のうち!それがその作家のシリーズなのです。
挑戦して失敗したものは、馬の手綱のごとく引っ張って引っ張って
愛情を蓄積して そのときが来たら離せば あれ?と思うほど
勝手に走り出すものです。

私は、私のブログにも書いて言いますが
努力は 合っていない事を強引にネジフセルことでもあり
ネジフセられた作品は、痛々しい
そのようなことが言いたかったわけです。

Edit | Reply | 
Wed
2011.06.08
23:36

タブロウ #3h4yWL0g

URL

No title

ぱんどるさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

陶器は描きやすいんですね、きっと。
モチーフは練習のつもりで、質感の違うものを組み合わせています。
今度は蓮一つで描いてみます。
見えない穴の奥を描けるか、挑戦です。
背景は、、、ちょっと考えてみます。
今取りかかっているのも似た背景です。

ありがとうございました。

Edit | Reply | 
Wed
2011.06.08
22:29

ぱんどる #-

URL

No title

この作品は、陶器と敷物は、大変よく描かれています。
が!バック背景が御本人大変興味が無く疲れちゃったんですかね^^;
蓮のがくも 陶器の質感からしたら疑問を多く感じます。
陶器には、家族肖像同様の魂が宿るほどの威力ですから、ギャップが激しく
ですから余計に違和感を感じます。
蓮をどけて 陶器だけで描かれては?と思います。
蓮の何故?ですが
たとえば、陶器やバックの影は、吸い込まれるようにフェードアウトしていくのに対して
蓮の穴は、黒の絵の具の点、点は影ではなく絵の具を乗せられたものでございます。
どれだけ浅くとも穴の影は、吸い込まれていくもの 

私もタブロウさんのような欠点がありまして
ソレを認め
一点集中主義という利点に視点を変えました。

Edit | Reply | 
Sun
2011.06.05
21:08

タブロウ #3h4yWL0g

URL

No title

hananoiroさん、こんばんは。
画のこと、ありがとうございます。

動画、やっぱり笑えますよね。
日本人にとっては自虐ですけど。
とくに政治家を全員集めて見せたい。

Edit | Reply | 
Sun
2011.06.05
19:58

hananoiro #-

URL

No title

こんばんは☆
制作、がんばっていらっしゃいますね~
見せていただくたびに作品がグレードアップされているように思います(私が言うのもどうかと思いますが。。)

この動画笑えますね~~
画と字幕があまりにぴったりで、びっくりしました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?