長男誕生の頃(鉛筆)

 27, 2011 20:56
長男誕生のとき

「もう一度、筆をとろう」と思う前、
筆をとらずにいた20年以上の間に
旅先を除いて3度ほど突発的に鉛筆デッサンをしたことがあった。
母が亡くなったとき枕元で、
長男が生まれてじっと見つめたとき、やはり枕元で、などだ。
おりこうさんの長男は、泣きも嫌がりもせず、目を開いてじっとしていた。
何を見ていたのだろう。
そのときのスケッチが一枚残った。
11年前のことだ。
・・・・

話は変わって、もう書きたくはないけれども、またこの国のこと。

科学者らしく、抑制した表現で
今福島で起こっている原発事故の分析をして発信しておられる京大の小出先生。
もう日本には安全と言い切れる食品は存在せず、
この汚染は永遠に続くと発言している。
大人はともかく、子供だけはなるべく汚染を避けてあげないといけない、と言う。
サッカーに夢中になり、遊び回る子供といると、もはや不可能だと思う。
そして大人は、
福島はじめ、近県の(基準値を切っているが)汚染されている農産物を
食べて支える責任があるという。
今のところ、個(人)はその責任を果たしているけれども、
公・財のレベルになると、民の方向を見ずに暴走しているとしか思えない。

国のトップは周囲ほぼ全員から「辞めろ」とせっつかれている。
自然エネルギーを押す数少ない政治家なのに、
原発再稼動に前向きだとも言う。
誰も支持できず、応援できない、つまり選択肢のない我々一般人。

小出先生はこれ以上の汚染を食い止めるため、
真っ先にやるべき事も提言されている。
それは他の専門家からも同様の声が上がっている。
ところが、
コストを発表することも、行程を実行することも、遅々として進まない。
張本人の電力会社が、株主総会を乗り切るため、
公表と行動を控えているのだと言うことだ。
国の首を絞めている企業が、株を持っている一部の人間の懐を心配して
このような行動をしているのだそうだ。
この非常時に、知れば知るほど狂った行動が目につく。

震災前、中東で一般市民によるジャスミン革命なんかが
報道番組の一番の話題になっていたと記憶する。
そこでは馬鹿な指導者を追い出したり、つるし上げたりしていたはずだ。
「民主化は彼らにとって大事だよな」と、
私をはじめ、日本人はまず100%近くが他人事のように見ていた。
遠い昔のように思える。


昨年、海保映像流出事件の時には抑制できなかった隊員がついに出て、
しかも多くの喝采を浴びた。
応援していたフリーのジャーナリストでさえ、この隊員を今、持ち上げている。
みんなが欲しかった情報をくれた、その行動のみを取り上げて、
拍手して良いのだろうか。
今、事故の情報、データは正直に公表されてはいないと、誰もが思っている。
原発の再起動は許すべきではないと、皆思っている。
TVと新聞に書いてあることだけを信用している人だけが
「原発稼動やむなし」とつぶやいている。
しかし知ったうえで公と財、国と企業は逆の行動と発言をし続けている。
その罪は重い。
そんな状況がさらに続き、悪化し続け、どうしようもなくなったとき、
武器の携行、扱いを許可された人々が単独行動をとる可能性を
私はとても怖いと思う。
今このような状況であの海保のような隊員が、
大挙して行動を起こさないと誰が言えるのだろう。

日本がおかしな方向へ行かなければいいが、と思うけれども
今この状況が極めておかしな状況にあることだけは、みんながわかっているし
世界はもっと強く思っているはずだ。
無能なBossのケツをケ飛ばせと。


セガレの絵の下にこんな言葉を書きつづれなければならない、
この国の現在が、残念無念、この上ない。

最後に、
関係ないと思われるかもしれないけれども、
小出先生の机の上には、いつもピカソのゲルニカが飾られている。
まるで見せるように置かれている。
これは何を語るのだろうか。
ゲルニカ
スポンサーサイト

Tag:デッサン 原発事故 Dessin Drawing

COMMENT 2

Thu
2011.06.30
20:51

タブロウ #3h4yWL0g

URL

ありがとうございます。

私の方こそ、これからもよろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 
Thu
2011.06.30
05:12

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?