この夏、出かけた話(その2、山ノ村キャンプ場)

 29, 2011 00:36
私たち家族が泊まったのは、
飛騨市神岡町内の標高1,000mにある山ノ村キャンプ場だ。

山ノ村とは、地図にはない村だ。
ここの高原に集まった7つの集落の総称で、昔からそう呼ばれてきたそうだ。
いつもはキャンプ場ガイドかネットの口コミを参考に泊まる場所を決めている。
天気予報でどこに出かけても一週間はぐずつきそうなのがわかっていたので
まずバンガローがあり、暑くないように標高の高い場所にあるキャンプ場を
探した結果がここだった。

最初の朝を迎え、昨夜遅く着いたためにできなかった受付を朝に済ませると
受付にいた若い女性が追いかけてきて、アンケートを頼まれた。
キャンプ場で気のついたことはないかという。
逆に妻がいろいろ聞いてみると、女性は東京から移住してきたのだという。
過疎化が進むこの村にどうして、と聞き返すと
やはりこの村がすばらしいからだという。
7つの集落に観光客を集められる施設はここのキャンプ場と、近くの牧場だけである。
かやぶき屋根の民家がまだ二軒残っている。
あとは山間にある田畑からとれる農作物からしか収入を得る術はない。
それでも便利な生活を捨ててここへ単身移住してきた、
そういう人にありがちな気負いは感じられず、
まだ二十代のその女性の気持ちはひどくまぶしく映る。
・・・・

いつか、農業をするために福島へ移住したところが原発事故のため、
今度は逆に東京へ避難してきた女性の悲痛な街頭発言の動画を紹介したことがあった。
この女性もあの女性も同じ志をもっていると思うと、
人には変えられぬ運命があると思ってしまう。

女性とこの村を応援するつもりで、
よくあるBlogのキャンプ場報告をここで書いておきます。
そして、必要以上に「ひいき」もしませんし、誇大PRもなしです。



私と家族は夏には長年キャンプ旅行をしてきているが、
3泊の連泊をしたキャンプ場はここが初めてである。
天気が悪く移動できなかったせいもあるが、それでもいいところが多い。
まずかなり広い場内がきれいで清掃が行き届いている。
雨の日も車道がぬかるむことが少なく、テント・バンガローへも車の横付けが可能。
利用料が安い。管理人が親切。
オートキャンプができるので入場料が必要だが
大人300円、子ども150円、持ち込みテント2,000円、バンガロー(小)2,500円 (大)3,000円
キャンプ未経験者が大勢で行くならコテージが一棟13,000円
前回も書いたが、近くで渓流釣りができるが、竿はぜひ持参のこと。

入浴施設はシャワー(24h)だけだけど、飛騨近辺の温泉巡りの基地にできる。
今回まわったところでは、平湯(平湯民俗館)、新穂高温泉の「槍見館」がよかった。
槍見館は「日本秘湯を守る会」加盟の湯で、よくあるデザインの露天風呂なのだが
湯船が川に隣接しているので歩いて降りられるのがいい。
暑くなったらここで水をかぶればいいし
晴れていれば、遠く槍ヶ岳が見える。

話を戻して・・難を言えば買い物は遠くてコンビニまで車で20分はかかるので、
来る時にかなり手前のスーパーで買い込んでこなければならない。
管理棟では、村でとれた新鮮な野菜を安くで売ってもいる。
ここの食堂で食事をとることも可能。
そして夜には明かりを目指してかなり多くの虫が寄ってくる。
バーベキューは明るいうちにやったほうが無難だし何よりおいしい。
飛騨牛は町中ではステーキで食べる店がほとんどだ。
私たちは焼肉にしたかったので、立ち寄った飛騨古川のスーパーで閉店前に
霜降りカルビを半額で大量に買い込み、キャンプ場であきるほど堪能した。
こんなにうまい肉も滅多にない。

バンガローは畳敷き、窓が多くて明るく、荷物も入れやすい。
テラスがあるので、天気が悪い時でもそこで調理と食事ができる。
写真は私たちが泊まった大きい方のバンガローで
畳敷きと板敷きのスペースがある。
標高1000mの高所にあるので夏も涼しいが、それでも昼間晴れていればテントは暑い。
早めに来て、林間にテントを張ることを勧める。
管理人は5時には帰ってしまうので、遅くなりそうな時は電話を入れた方がいい。
以下、写真を参考に。
ネット情報はこちら

20110823_山之村キャンプ場


スポンサーサイト

COMMENT 2

Wed
2011.08.31
00:27

タブロウ #3h4yWL0g

URL

ぱんどるさん、たくさんコメントをありがとうございます。
辛口のぱんどるさんに褒めていただいて、うれしいですねー。
でもぱんどるさんの文章には人を惹きつけるものがあると思いますよ。
だからあのように大くのご友人がいつもコメントくださるのだと思います。

Edit | Reply | 
Tue
2011.08.30
22:39

ぱんどる #-

URL

うまいなぁ~

話の持って行き方がうまいなぁ~
私もこのような記事が書きたい・・・・どうも行き当たりばったりデ
途中にいらぬ熱が入ったり 反省点が多いです。
同じ志・・・確かに天と地

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?